なでしこ、日本初の銀メダル サッカー女子・9日

なでしこ、日本初の銀メダル サッカー女子・9日

2012年8月10日 05時42分 (2012年8月10日 06時57分 更新) (共同)

サッカーは女子の決勝を行い、日本は米国に1―2で敗れ、初の銀メダルを手にした。日本はW杯で優勝した翌年に五輪を制覇する史上初の偉業は逃したが、1968年メキシコ五輪の男子の銅メダルを超えた。米国は3大会連続4度目の金メダル。日本は前半8分にロイドに先制点を許すと、後半9分にもロイドにミドルシュートを決められた。18分に大儀見が1点を返し、その後も得点機はあったが、追い付けなかった。(共同)


吉田「金」3連覇、なでしこ「銀」 ロンドン五輪第14日



 【ロンドン共同】ロンドン五輪第14日の9日、レスリング女子55キロ級で吉田沙保里(29)が2004年アテネ、前回北京に続く3大会連続の金メダルを獲得した。サッカー女子の「なでしこジャパン」は決勝で米国に1―2で敗れ「銀」だった。

 レスリングの吉田は決勝でカナダ選手を破った。日本のメダルは金5、銀14、銅14の計33個。

 バレーボール女子の日本は準決勝で、前回優勝のブラジルに敗れた。3位決定戦で韓国と対戦する。

 陸上200メートル決勝ではウサイン・ボルト(ジャマイカ)が19秒32で優勝。100メートルと合わせた2大会連続短距離2冠を達成した。

2012/08/10 08:40 【共同通信】
by momotaro-sakura | 2012-08-10 09:07