消費増税法案、10日午後成立へ 解散時期が焦点に

消費増税法案、10日午後成立へ 解散時期が焦点に


 消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案は、10日午後の参院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決、成立する現行5%の消費税率は、2014年4月に8%、15年10月には10%へと2段階で引き上げられる。
 野田佳彦首相が「政治生命を懸ける」としてきた増税法案の今国会成立で、焦点は自公両党との3党首合意で「近いうち」とした衆院解散の時期に移る。自民党は早期解散に追い込む構えで、11日からの「お盆」休戦を挟んだ後、会期末の9月8日をにらんで与野党攻防が再燃する見通しだ。
2012/08/10 08:27 共同通信
by momotaro-sakura | 2012-08-10 13:24