韓国選手が「竹島領有」掲げる サッカー3決後、IOCが調査


韓国選手が「竹島領有」掲げる サッカー3決後、IOCが調査


2012年8月11日 21時36分 (2012年8月12日 01時40分 更新)
【ロンドン共同】国際オリンピック委員会は11日、日本―韓国のサッカー男子3位決定戦後に、韓国選手が竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げたとして調査を始めたと発表、表彰式に当該選手を出席させないよう韓国オリンピック委員会に求めた。同選手は出席しなかった。韓国メディアの電子版などに、朴鍾佑選手が「独島はわれわれの領土」と韓国語のメッセージを持つ写真が掲載され、問題視されていた。
e0009760_10101263.jpg


「独島はわが領土」とのプラカードを掲げる韓国の朴鍾佑選手=カーディフのミレニアムスタジアム(撮影・山田俊介)

(サンケイスポーツ)


韓国総領事館にれんがの男逮捕 建造物損壊容疑

2012年8月12日 01時33分共同ニュース

 広島東署は11日、広島市南区の在広島韓国総領事館にれんがを投げ付けたとして、建造物損壊容疑で、広島市中区千田町、無職湯浅雅和容疑者(44)を逮捕した。逮捕容疑は11日午前2時50分ごろ、広島市南区東荒神町の在広島韓国総領事館の入り口のガラスに、れんがを投げ付け損壊した疑い。同署によると、湯浅容疑者は右翼団体の構成員と名乗っており「韓国大統領が竹島に上陸したことに腹が立ってやった」と話している。
by momotaro-sakura | 2012-08-12 09:56