ジャーナリスト山本美香さん殉職

e0009760_11541453.jpg

e0009760_11541450.jpg

e0009760_11541489.jpg

e0009760_11541483.jpg

8月22日朝日新聞朝刊

銃撃は「一瞬の出来事」=同僚、最高のパートナー失ったと絶句―シリア邦人記者死亡

2012年8月22日 07時31分

 【キリス(トルコ南部)時事】「銃撃は一瞬の出来事だった」―。シリア北部アレッポで死亡したジャーナリスト山本美香さん(45)の同僚、佐藤和孝さん(56)は21日夜、滞在先のトルコ南部キリスで時事通信などの取材に応じ、山本さんが命を落とした戦闘の様子を語った。

 20日午後3時半ごろ、佐藤さんと山本さんらがアレッポ市街で反体制組織「自由シリア軍」の作戦に同行取材していた際、前方から10〜15人で縦列を組んだ政府側とみられる集団が来て突然発砲してきたという。自由シリア軍も応戦できず、佐藤さんは現場から逃げたが、山本さんは付いて来なかったという。

 「銃が乱射されており、一瞬の判断だった」といい、山本さんを守れなかったことを悔やんだ。二人は15年近く事実婚を続けており、佐藤さんは「公私共に最高のパートナーだった」と絶句した。

 佐藤さんは1時間ほど続いた戦闘の後、病院で遺体となった山本さんと対面した。右手にはひどい銃創があり、首や防弾チョッキにも被弾した跡があったが、「顔は無傷できれいだった」という。

 戦闘後に見つかった山本さんのビデオカメラには、黒い塊の集団の映像と「パンパン」という発砲音が収められていたが、山本さんの声はなく、即死に近かったとみられる。所持していたカメラや取材ノートなどは見つからなかった。

 佐藤さんによると、山本さんの姉妹らが近くイスタンブールを訪れ、日本への搬送に向けて同地に運ばれるとみられる遺体と対面する予定。 

by momotaro-sakura | 2012-08-22 11:54 | ブログ