「やるべきことやって解散」=政権1年、初心忘れず努力―野田首相


「やるべきことやって解散」=政権1年、初心忘れず努力―野田首相

2012年9月1日 12時24分時事通信社

 野田佳彦首相は1日午前、衆院解散・総選挙の時期について「しかるべき時に、やるべきことをやった後に信を問うとの基本的な姿勢は変わらない」と述べた。横浜市内で記者団が「民主党内に『近いうちの解散』は白紙との声もある」とただしたのに対し、答えた。

 2日に野田内閣が発足してから1年を迎えることに関しては、「一つ一つ山を乗り越えることでやってきた」と強調。さらに、「これからも初心を忘れずに努力していきたい」と引き続き政権運営に取り組む決意を示した。
 
by momotaro-sakura | 2012-09-01 16:33