本気になっちゃダメ!浮気のリスクが高い職業ワースト9




浮気のリスクが高い職業ワースト9
■1:美容師

以前、「こんな身近なところにも!? イケメンが多い男性の職業10個」で紹介したように、イケメン率・オシャレ度の高い美容師ですが、浮気のリスクもその分、高くなっています。

彼らは、遠慮なく女性の体に触れることができ、髪を切りながら、コミュニケーションをとることができる立場です。あなたもイケメン美容師さんのマッサージや軽快なトークに癒されて「この人いいかも……」とドキドキしたことがあるのではないでしょうか。

美容師のなかには、気にいったお客さんに片っ端からメールアドレスを渡して、日替わりで別の女性とデートするような猛者もいるほどです。もちろん、お客のほうでは、自分だけが彼に選ばれたと舞い上がっており、“キープ組のひとり”だなんて夢にも思っていません。



■2:お笑い芸人

芸能関係では、浮気が起こりやすいのはよく知られていますが、そのなかでも特にお笑い芸人はヤバイです。

表向きはさておき、彼らがお笑い芸人になった真の動機のほとんどは、“有名になって女性にモテたい”ではないでしょうか。最近は、それほどルックスのよくない男性芸人が美女と熱愛発覚なんてことが多いので、“モテたいからこそ芸人の道へ”という傾向はますます強まっているものと思われます。

また、藤田さんによれば、お笑い界では、新人に「鍛えてやる。芸の肥やしになるから」とか言いながら、路上ナンパさせて、合コンをセッティングさせることが慣習化しているとのこと。

あなたの彼氏が駆け出しのお笑い芸人だと、「先輩に強要されて仕方なかった」なんて浮気の言い訳をするかもしれません。



■3:芸能事務所のスタッフ

表舞台に立っている人間だけでなく、裏方の男性も油断できません。芸能事務所のスタッフが、「俺と付き合ったら、おまえを有名にしてやる」などと誘惑して、女優の卵やモデル志望者を食い物にしているということは現実に行われています。

女性を売り出す権限など全くない下っ端のスタッフでも、名刺をチラつかせてそのような行為に及ぶことも……。どうしても芸能人になりたい女性だと、コロッと騙されてしまいます。

名の知れたイケメン俳優なんかだと、女性と遊ぶにしても、いちいち人目を忍ばなければなりませんが、裏方の人間の場合、スキャンダルを気にする必要がないので、ある意味、ヤリたい放題です。
■4:プロスポーツ選手

プロスポーツ選手といえば、女性からチヤホヤされる身分ですが、やはり浮気のリスクは非常に高いといえるでしょう。

プロの世界に入るには、そして入ってからも、相当苛酷な練習や競争を耐え抜かなくてはなりません。その原動力は、「その競技が本当に好きだから」という純粋なものもあるでしょうが、「一流になってきれいな女性をモノにしたい」というのが偽らざる本音ではないでしょうか。

たとえば、バブル時代には、六本木をちょっと徘徊すれば、必ずJリーガーとすれ違ったものです。

また、プロ野球でも一軍ともなれば美女と合コンし放題。藤田さんのお知り合いの美女のなかにも、「某球団の一軍とときどき合コンしている」と証言しているかたが少なからずいるそうです。



■5:医師

以前、「イメージとは大違い!人気職業の「浮気」危険度チェック【医師編】」でもお伝えした通り、医師のなかには危険な遊びまくりタイプがいます。

医学部受験生は、十代の最も性欲が旺盛な時期に、遊びまくりの同世代を傍目に見ながら、「くそー、俺だって医者になったら絶対にモテるはずなのに!」という怨念をバネにして、猛勉強に励みます。

こうして受験競争に打ち勝ったあと、さらに医師国家試験という難関をクリアして、ようやく医師の称号を手に入れるのです。このような過程を経て、医師になった途端、女性からモテまくりなのですから、タガが外れるのも無理はありません。

なんと、医師限定のカップリングパーティーでは、既婚者の参加者も少なからず混じっているのだそう。つまり、真剣に交際するつもりなどさらさらなく、お金目当ての女性を一夜限りの相手として物色しているというわけです。



■6:広告代理店の社員

広告代理店といえば、バブル時代には経費で豪遊していたことがよく知られています。現在、広告業界も不況のあおりで、かつてほど派手に遊べなくなりましたが、それでも“広告代理店=遊び人”という風潮は、まだまだ根強いようです。

まず、“広告代理店勤務”という肩書だけで華やかなイメージがあるので、女性からはそれなりにモテます。

また、前回の記事で、芸能事務所のスタッフが危ないことは述べましたが、広告代理店のサラリーマンでも、「芸能人の誰それとは仕事でよく話す」などと、自分が芸能界で顔がきくような発言をして、女性の気を引こうとする輩がいるものです。

さらに、広告代理店では派遣社員も多いのですが、同じ部署内では同じタイプの美人派遣社員が集まっています。これは、スケベな部署長が、自分の好みで派遣社員をセレクトしていることが原因でしょう。

目の保養にしているだけならまだしも、部署長がその権限をカサにして、派遣社員に手を出すという事態も考えられなくないです。




■7:パイロット

医師や弁護士と並んで、いわゆるエリート花形職業といわれるパイロット。そんな男性を射止めたとしたら、“勝ち組セレブ妻”といえそうですが、旦那の浮気は大目に見るべし?

一般的に、きれいな女性の比率が高い職場では、浮気のリスクが高くなります。キャビン・アテンダントと一緒に仕事をするパイロットなどは、まさにその典型例です。キャビン・アテンダントのほうでも、エリートのパイロットのことは憎からず思っていますから、両者が深い関係になりやすいことは容易に想像できるでしょう。

また、華やかなイメージとは裏腹に、パイロットの実際の業務は地味で忍耐力が求められます。来る日も来る日も同じルートを運転するという単純作業を強いられ、そのマンネリに耐えきれなくて転職してしまう人がいるほどです。

ですから、パイロットのなかには、仕事以外のプライベートでの刺激を求めてパーッと派手に女遊びしてしまう人もいます。藤田さんの知っているパイロットのなかには、なんと結婚からわずか3日でナンパを始めた人もいるそうです。



■8:カメラマン

カメラマンのなかでも、女性を被写体にすることを専門としている男性は、浮気のリスクが高いといえます。

“仕事と趣味は全く別モノ”という反論もありますが、やはり人間は自分の興味・関心のある分野に進みやすいのではないでしょうか。特に、カメラマンのような専門性の高い職業の場合、“たまたま成り行きでそうなった”というのは考えにくく、“本人の強い希望により現職に至った”と見るほうが自然です。

つまり、女性を被写体にすることを専門としているカメラマンは、“無類の女好き”と評価することができます。また、同様の理由で、エッチな情報があふれている男性誌の編集者も、浮気のリスクが高いといえるでしょう。



■9:外車のセールスマン

人にモノを買わせる行為と、女性を口説く行為は、“自分のトークで相手をその気にさせる”という共通点があります。セールスで実績をあげている男性は、女性の扱いもうまいことが多く、浮気のリスクが高いです。

なかでも、外車販売のセールスマンはとりわけ危ないです。高級外車を売っているからといって、それを乗り回せるほどリッチというわけではありませんが、高級外車のセールスマンは、社名を言うだけで「え、あの高級外車の!?」というふうに女性から羨望の眼差しを向けられることがあります。

たとえば、カップリングパーティーでも、単に「セールスの仕事をしています」と言うだけでは女性から見向きもされないのに、社名の入った名刺を出すだけで女性の目の色が変わることも。

また、車のマークのバッチを付けているだけで、ブランド大好きな女性のほうから、「あのぅ……、もしかして●●社のかた?」なんて声をかけてくることもあるそうです。



以上3回にわたって、浮気リスクの高い職業9つをお届けしましたがいかがでしたか? そのなかの多くが、女性ウケしやすい職業でしたが、やはり人気職業に就いている男性と付き合うには、浮気のリスクも覚悟しなければならないのですね……。

「みんなに自慢できる彼氏をゲットした!」「これで私も勝ち組セレブ妻」と浮かれているかたは、くれぐれもご用心を。
メンジョィより
by momotaro-sakura | 2012-09-07 09:02 | ブログ