首都直下地震、3日間は職場待機 帰宅困難者対策


首都直下地震、3日間は職場待機 帰宅困難者対策


2012年9月9日 02時00分

 首都直下地震で想定される帰宅困難者対策を検討していた国や東京都などの協議会の最終報告案が8日、判明した。地震発生後の一斉帰宅による混乱を避けるため、被災後3日間は従業員を職場に待機させるよう企業に要請。帰宅が本格化する4日目以降は、帰宅ルートに水などを提供する支援施設を設けて長距離の徒歩での移動を促す。10日の協議会で正式決定する。
by momotaro-sakura | 2012-09-09 08:37