中国での日本車販売、尖閣諸島めぐる外交問題が影響=中国汽車工業協会幹部

中国での日本車販売、尖閣諸島めぐる外交問題が影響=中国汽車工業協会幹部2012年 09月 10日 18:03
 [北京 10日 ロイター] 中国汽車工業協会(CAAM)の董揚・常務副会長兼秘書長は10日の記者会見で、中国での日本車販売が外交問題の影響を受けたとの認識を示した。

 副会長は、中国における8月の日本車販売が減速したと指摘。日中両国間における最近の尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる問題と関連しているとの認識を示した。


 日産自動車の志賀俊之最高執行責任者(COO)は先週、尖閣諸島の問題により、中国における日本車販売に「ある程度の影響」が出ているとの見方を示した。

by momotaro-sakura | 2012-09-11 09:16