信濃川河口で放射性セシウム検出 新潟・福島豪雨で流入か

信濃川河口で放射性セシウム検出 新潟・福島豪雨で流入か

2012年9月13日 17時07分共同ニュース

 東京電力福島第1原発事故で放出されたとみられる放射性セシウムが、文部科学省の航空機による上空からのモニタリング調査で汚染が認められなかった信濃川河口付近(新潟県長岡市)の海底土からも比較的高い濃度で検出されたことが13日、分かった。近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らの調査で判明。信濃川流域に積もったセシウムが土砂に付着し、昨年7月の新潟・福島豪雨などで川に流入して河口付近に堆積したと指摘。
by momotaro-sakura | 2012-09-14 06:51