北が海上限界線越え挑発態勢 韓国の対応確認か

北が海上限界線越え挑発態勢 韓国の対応確認か2012.9.15 12:51 [韓国]
 15日付の韓国紙、朝鮮日報は、韓国西方の黄海の延坪島周辺で12日、北朝鮮の漁船団が、韓国が海上の南北軍事境界線と主張する北方限界線(NLL)を越え一時南側の海域に入った際、北朝鮮が海岸部の火砲の砲口の覆いを開け、警備艇を出動させるなど挑発に向けた態勢を取っていたと報じた。政府消息筋の話として伝えた。

 韓国軍は当初、単純な操業目的とみていたが、北朝鮮が意図的に漁船を進入させ、韓国側の対応を確認しようとした可能性がある。

 漁船団は12日午前、2回にわたり南側海域に入り、韓国海軍の高速艇が警告を発して退去させた。当時、高速艇はNLLに近接しておらず、北朝鮮が砲口の覆いを開けるのは異例という。北朝鮮の朝鮮人民軍は最近、延坪島周辺での韓国軍の訓練に報復を警告するなど緊張を高めており、韓国軍当局は北朝鮮の動向を注視している。(共同)

by momotaro-sakura | 2012-09-15 18:38