首相、国連総会で「領土」演説へ 国際社会にアピール

首相、国連総会で「領土」演説へ 国際社会にアピール

2012年9月16日 02時00分 共同ニュース

 野田佳彦首相は、21日投開票の民主党代表選で再選された場合、今月下旬に国連総会で演説し、領土や領海の問題に「法の支配」の原則にのっとり対処する重要性を訴える方針を固めた。政府関係者が15日、明らかにした。沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐる中韓両国との対立を踏まえ、国際法を重視する姿勢を打ち出し、日本の立場を国際社会にアピールする方針だ。首相が国連演説で領土問題を取り上げるのは異例
by momotaro-sakura | 2012-09-16 09:43