<反日デモ>野田首相、尖閣の領海警備を指示

<反日デモ>野田首相、尖閣の領海警備を指示

2012年9月16日 21時01分
 
野田佳彦首相は16日、首相公邸で外務省の河相周夫事務次官と米村敏朗内閣危機管理監から中国の反日デモについて報告を受け、関係省庁が連携して在留邦人の安全確保に全力を尽くすとともに、尖閣諸島周辺の領海警備に適切に対応するよう指示した。

 首相は同日のNHK番組で「邦人や日系企業の安全確保を強く中国に求め、国旗を燃やしたりという事態にも強く抗議している」と説明。「大事な2国間関係だ。隣国ゆえに深刻な問題が起こることがあったが、緊密なコミュニケーションが大事だ」と対話を重視する姿勢も強調した。

 満州事変の発端になった柳条湖事件(1931年)からちょうど81年となる18日には反日デモの拡大も懸念され、尖閣近海に中国漁船が多数出航する可能性もある。米村危機管理監は「(日本の接続水域外の)平和な漁業活動は当然ありうるが、それ以外は海上保安庁が法令に基づき対処する」と記者団に語った
。【岡崎大輔】
by momotaro-sakura | 2012-09-17 07:25