尖閣接続水域に中国監視船1隻 海保、漁船にも警戒強化

尖閣接続水域に中国監視船1隻 海保、漁船にも警戒強化

 18日午前6時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島魚釣島の北北西約43キロの接続水域で、中国の漁業監視船「漁政35001」が航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。政府は、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。中国から漁船千隻が尖閣諸島周辺に向かっているとの報道があり、海上保安庁は警戒を強めている。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、領海に入らないよう警告したところ、監視船は尖閣諸島について「中国固有の領土だ」と中国語で応答。「われわれは正当な業務を実施している。あなたたちはこの海域を離れてください」とも話した。


2012/09/18 11:02 【共同通信】
by momotaro-sakura | 2012-09-18 11:15