日立社長、鉄道関連事業の買収を積極化 

日立社長、鉄道関連事業の買収を積極化  
:日本経済新聞
【ベルリン=松崎雄典】日立製作所の中西宏明社長は18日、欧州や南米、アジアでの鉄道事業拡大のため、「買収を積極化する」と表明した。欧州での継続的な事業展開の基盤になる英独の車両受注獲得には「大きな手応えがある」と自信を示した。 ベルリンで開催中の鉄道技術見本市「イノトランス」(18~21日)で語った。「各国の線路や運行計画など鉄道事業の特徴は企画書を呼んだだけではわからない」とし、買収や合弁で地・・・・・




イノトランス2012では、2年に一度、世界の鉄道業界サプライヤーが一堂に会し、鉄道に関する最新の製品・技術を紹介する。前回(2010年)は世界45ヶ国2千社以上が出展、100を超える国・地域から約10万人の来場を数える世界最大規模の国際鉄道技術見本市。近年、大量輸送によるエネルギー効率の高さから、低環境負荷という観点でも各国における鉄道最新技術の導入や拡張計画は旺盛な傾向が続いており、同見本市も世界的に注目が高まっている

2012年(第9回)
開催日 :2012年9月18日~21日(一般公開:22日,23日) 出展者 :49ヶ国 2,515社・団体

by momotaro-sakura | 2012-09-19 12:58