破壊・略奪認めない姿勢 反日デモで中国商務省報道官

破壊・略奪認めない姿勢 反日デモで中国商務省報道官
朝日新聞
 中国商務省の沈丹陽報道官は19日の記者会見で、反日デモによる破壊行為について、「すべての違法な破壊や略奪、放火は反対する」と述べ、工場の破壊や商店からの略奪は認めない姿勢を示した。ただ、被害を受けた日系企業への賠償問題に関しては「外資の合法的な権利や利益は中国の法律で保護される。公安や商務省に助けを求めてほしい」と述べるにとどまった。

 日本への経済制裁について、「すでに全国民の強烈な憤慨と日本製品のボイコットを引き起こしている」と指摘。破壊行為は許さないものの、「不買運動」は容認する姿勢を示した。日中や韓国を含む3カ国の経済関係に与える影響に対しては、「中日貿易関係の正常な発展に影響と損害を与える。日本側に完全に責任がある」と突き放した
。(北京=吉岡桂子)
by momotaro-sakura | 2012-09-19 15:52