野田首相、きょう再選へ=党員票の開票開始-民主代表選

野田首相、きょう再選へ=党員票の開票開始-民主代表選
 任期満了に伴う民主党代表選で、党所属国会議員が投票を行う臨時党大会が21日午後1時から、都内のホテルで開かれる再選を目指す野田佳彦首相(55)への支持が議員グループ横断で広がっており、郵送で行われた党員・サポーター投票で決まる都道府県票でも首相優位とみられ、第1回投票で首相が再選を決める見通しだ。 立候補しているのは首相のほか、赤松広隆元農林水産相(64)、原口一博元総務相(53)、鹿野道彦前農水相(70)。 
 代表選で首相は、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法を成立させた実績を強調。一体改革に関する民主、自民、公明3党の合意を堅持して制度改革を成し遂げるとして、再選支持を訴えた。
 赤松、原口、鹿野3氏は、消費増税を推し進めて党の分裂を招いた首相の責任を追及。エネルギー政策でも、首相が2030年代の原発稼働ゼロの方針を閣議決定しなかったことなどを取り上げ、批判票の積み増しに力点を置いた。
 代表選は、336人の国会議員に各2ポイント、9人の国政選挙公認内定者に各1ポイントを付与。地方議員2030人には計141ポイント、32万6974人の党員・サポーターには計409ポイントが付与され、ポイントの総計は1231。616以上を獲得した候補が当選する。
 臨時党大会に先立ち、21日早朝から同じホテルで、事前に郵送された党員・サポーター票の開票作業を実施。結果は国会議員投票の前に発表される。国会議員投票を経て、午後3時ごろに新代表が選出される
。(2012/09/21-05:36)時事ドットコム



テレ朝
民主党の代表選挙は21日午後、投開票が行われます。4人が立候補するなか、野田総理大臣の再選、総理続投が確実視されています。にもかかわらず、足元の民主党内では今後も離党者が出る見通しで、求心力が高まるどころか“遠心力”が働くような状況になっています。

 (安西陽太記者報告)
 野田総理は議員票の3分の2を獲得する見通しですが、反野田票も一定の票を集め、白票も出るなど磐石(ばんじゃく)ではありません。反野田の一番の理由は、野田総理で総選挙をやりたくないというもので、野田総理も「近いうち解散」を反故(ほご)にする可能性に言及し、不満票を取りこぼさないように躍起です。しかし、早くも日本維新の会入りを表明する若手が出るなど、離党予備軍は2桁に上り、与党過半数割れのマジック10は目前です。
 民主党・原口元総務大臣:「この代表選の間も、離党者が相次いでいる。現状の先には日本の未来はない」
 野田総理は来月1日にも内閣改造人事を行う考えですが、党内の不満をどう抑えるか頭を悩ませることになります。焦点の幹事長ポストで輿石幹事長を交代させ、岡田副総理や安住財務大臣を起用し、総選挙態勢を取るか反野田派を重要ポストに起用するかなど一波乱二波乱あります。

by momotaro-sakura | 2012-09-21 08:34