エコカー補助金終了、需要先食いの反動に懸念

エコカー補助金終了、需要先食いの反動に懸念

 政府のエコカー補助金制度が予想よりも2か月近く遅れて終了した。


 需要の先食いで反動減が発生するのは必至だが、落ち込みの深さと期間を巡っては、業界内でも「どこまで需要を先食いしたか分からず、影響が読めない」(大手自動車メーカー)との声が上がっている。

 BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストの試算では、制度開始後の昨年12月から販売水準は大幅に高まり、今年9月までの10か月間の販売台数は、2002~08年の水準より60万台程度上ぶれしたと見ている。「需要の先食い」による反動減は1年程度続くと予測する。

 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は20日の記者会見で、「反動減はあまりない。(補助金が支給されないことが確実でも)購入者は出てきている」との見方を示した

(2012年9月22日13時21分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2012-09-22 14:27