石破氏の国防軍発言 憲法に背くと新華社通信

石破氏の国防軍発言 憲法に背くと
新華社通信
   2012/09/17(月) 09:36サーチナhttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0917&f=politics_0917_004.shtml


  中国新華社通信は自民党総裁選挙に出馬している石破茂元防衛大臣が「自衛隊を国防軍にする必要があると公言した」と報じて「日本の平和憲法に完全に背く内容だ」と問題提起した。

  記事は「第二次世界大戦の敗戦国の日本は軍隊は持てず、小規模の自衛隊しか持つことができない。これは日本の平和憲法に明記されている」とし「石破氏は防御型の自衛隊を攻撃型の国防軍に変えようとしている」と強い警戒心をうかがわせた。

  新華社通信は日本の軍事力総まとめ「主力戦車の水準が米国を上回る」との特集記事トップ扱いで、この発言を取り上げた。

  石破元防衛大臣が平和憲法の精神を遵守するのは当然で、憲法改正後も、専守防衛の立場にかわるところはないが、自衛隊の実態に即した名にすべきとの意向が誤解を招いている。

  石破元防衛大臣は国家安全保障のあり方について「文民統制を強化し、国全体で安全保障に取り組む国家安全保障基本法の制定や国家安全保障会議の創設、自衛隊に領土保全と邦人救出を加える、自衛隊のあるべき姿を再検討する」などの必要をあげている
(編集担当:森高龍二)
by momotaro-sakura | 2012-09-22 15:34