岡田財務相で調整 政調会長・細野氏、幹事長代行・安住氏

岡田財務相で調整 政調会長・細野氏、幹事長代行・安住氏
2012.9.25 06:39産経ニュース
 野田佳彦首相は24日、民主党政調会長に細野豪志環境相兼原発事故担当相、幹事長代行に安住淳財務相、国対委員長に山井和則国対副委員長の起用を内定した。

 10月1日にも実施する内閣改造は大幅改造になる公算が大きく、安住氏の後任に岡田克也社会保障・税一体改革担当相を副総理のまま横滑りで調整、細野氏の後任は福山哲郎元官房副長官を軸に検討している。

 首相は米ニューヨークで開かれる国連総会から帰国後の28日に両院議員総会を開き、役員人事を正式決定する。

 首相は役員人事について党本部で記者団に「(社会保障・税一体改革に関し)民主、自民、公明3党で合意したことを着実に進めていく態勢を作った」と強調した。

 細野氏の起用については「マニフェスト(政権公約)を丁寧に作り、政策を発信していく意味で期待を込めてお願いした」と説明。続投する輿石東幹事長については「一蓮托生(いちれんたくしょう)と思っている」と述べた。

 輿石氏は記者団に「衆院議員定数削減、一票の格差是正、特例公債法案は避けて通れない。野党の協力をいただきしっかりやっていく」と語った。

 改造では前原誠司政調会長と樽床伸二幹事長代行、城島光力国対委員長の入閣が有力視されている。6月に入閣した羽田雄一郎国土交通相と郡司彰農林水産相は再任が有力だ。玄葉光一郎外相も再任の見通し。国民新党からは自見庄三郎代表が入閣する。

by momotaro-sakura | 2012-09-25 10:33