世界の鉄道投資、地下鉄シフト 新興国の都市人口拡大で

日経ニュース
世界の鉄道投資、地下鉄シフト 新興国の都市人口拡大で
公開日時2012/9/25 0:43
 【ロンドン=松崎雄典】世界の鉄道投資の比重が都市をつなぐ高速鉄道から、地下鉄など都市鉄道に移っている。地下鉄や路面電車、近郊電車の車両需要は、2017年まで6年で2割伸びる見通し。新興国の都市で人口が増加し、鉄道網の整備が必要なため。市場の安定した拡大を背景に、車両メーカーは生産や研究開発の現地化を急ぎ受注獲得を狙う。

 欧州鉄道産業連盟(unife)の市場調査によると、15~17年の都市鉄道の…






18 | 09 | 2012European Rail Industry to Retain Leading Position in World Market
18 | 09 | 世界市場で主要な位置を保持する2012Europeanレール産業

European Rail Industry to Retain Leading Position in World Market
世界市場で主要な位置を保持するヨーロッパのレール産業


Berlin 18 September 2012 – Steady growth can be expected for the world rail market until 2017 reveals the UNIFE World Rail Market Study. The particularly strong growing regions are the Middle East, Russia and CIS, and Latin America. Growth in these regions compensates for the slowdown of rail investments in China, where however there is now a new focus on urban rail.
ベルリン2012年9月18日 – 2017がUNIFE World Rail Market Studyを明らかにするまで、安定した成長は世界レール市場のために予想されることができます。特に強い発展している地方は、中東、ロシアとCISとラテンアメリカです。これらの地方の増大は中国へのレール投資の減速を補償します、そこで、しかし、新しい焦点が現在都市レールにあります。


独立国家共同体
Commonwealth of Independent States、略称:CIS

独立国家共同体旗
CIS加盟国(桃色はトルクメニスタン、ウクライナ、モルドバで、客員参加)
独立国家共同体(どくりつこっかきょうどうたい、英語: Commonwealth of Independent States、略称:CIS、ロシア語: Содружество Независимых Государств, СНГ)は、ソ連崩壊時に、ソビエト社会主義共和国連邦を構成していた15か国のうちの12か国(正式には10か国)によって結成されたゆるやかな国家連合体(コモンウェルス)。当時の欧州共同体 (EC) 型の組織をモデルにしたが、独自の憲法や議会をもってはいない。日本では英語名の略称であるCISの名で言及されることが多い。本部はベラルーシの首都ミンスクに置かれている。

トルクメニスタンとウクライナは憲章を批准していないため非公式な加盟国である。2008年8月の南オセチア紛争により2009年8月にグルジアが脱退したため、現在の正式加盟国は9か国である。

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy51bmlmZS5vcmcvbmV3c19kZXRhaWwuYXNwP249RXVyb3BlYW4tUmFpbC1JbmR1c3RyeS10by1SZXRhaW4tTGVhZGluZy1Qb3NpdGlvbi1pbi1Xb3JsZC1NYXJrZXQmbmlkPTMwNjg=,qfor=0

The world rail market remains stable despite the economic downturn, reveals the fourth edition of the UNIFE World Rail Market Study launched on 18 September 2012 at the InnoTrans fair in Berlin.
世界レール市場は、景気の失速にもかかわらず安定なままであると、ベルリンにInnoTransフェアで2012年9月18日に発射されるUNIFE World Rail Market Studyの第4の版は明らかにします。

“Our study registered stability in growth despite economic downturn in the past years. The world market has grown by 3.2% in each of the past three years – that is a remarkable achievement considering public funds are less available since due to the financial crisis, which started in 2008,”
「我々の研究は、先年に景気の失速にもかかわらず成長で安定性を記録しました。世界市場は、過去3年の各々で、3.2%成長しました – それは公的資金が与えられるべきものから財政危機により利用できないと考えている注目に値する業績です。そして、それは2008年に始まりました」、 said Philippe Citroën, UNIFE Director-General.
言われたフィリップ・シトロエン、UNIFE会長。

The world rail supply market is still forecasted to grow by 2.7% each year over the next six years; this is despite the slowdown in investment in the Chinese high-speed rail market, a key driver for growth in the past years. One of the key drivers of growth is the Gulf region, with large projects such as the Doha Metro and light rail transit (LRT) system, the new Mecca mass transit system, and the Mecca-Medina very highspeed (VHS) project.
世界レール供給市場は、次の6年の間毎年2.7%成長するために、まだ予測されます;これは、中国の高速レール市場(先年の増大のための重要なドライバー)への投資において、減速にもかかわらずあります。大きなプロジェクト(例えばドーハ・メトロと軽軌条輸送(LRT)システム)、新しいメッカ大量輸送機関システムとメッカ-メディナ非常に高速(VHS)プロジェクトで、成長の重要なドライバーの1人は、湾岸地域です。

Another growth hotspot is Latin America, as a result of large orders coming from Brazil for rail freight and urban transport systems, and other large-scale orders coming from neighbouring countries such as Argentina and Chile.
レール貨物輸送と都市乗物システムのためにブラジルから来ている大口注文と近隣諸国(例えばアルゼンチンとチリ)から来ている他の大規模な命令の結果、もう一つの成長ホットスポットは、ラテンアメリカです。









ボンバルディア、unife、地下鉄シフト、地下鉄、シーメンス、コンサルティング、ロシア鉄道、日立製作所、近畿車両、川崎重工業、日本車両製造、東芝




http://mingtian.seesaa.net/article/294063726.html

世界の鉄道投資、地下鉄シフト

世界の鉄道投資の比重が都市をつなぐ高速鉄道から、地下鉄など都市鉄道に移っている。地下鉄や路面電車、近郊電車の車両需要は、2017年まで6年で2割伸びる見通し。新興国の都市で人口が増加し、鉄道網の整備が必要なため。市場の安定した拡大を背景に、車両メーカーは生産や研究開発の現地化を急ぎ、受注獲得を狙う。
by momotaro-sakura | 2012-09-26 11:24