内閣改造へ最終調整 首相、きょう輿石氏と会談

内閣改造へ最終調整 首相、きょう輿石氏と会談

 野田佳彦首相は30日、来月1日の内閣改造に向け最終調整する。民主党の輿石東幹事長と公邸で会談。具体的な人選を協議するとともに、連動する党役員や衆参両院委員長の人事も併せて固める見通しだ。

 首相は1日午前の臨時閣議で閣僚の辞表を取りまとめ、午後に与党党首会談を開催。組閣本部の設置後、午後1時半ごろ記者会見して閣僚名簿を発表する。夕方の皇居での閣僚認証式を経て、野田第3次改造内閣が発足する運びだ。

 これまでに首相は、岡田克也副総理と藤村修官房長官を留任させる方向で調整。岡田氏の財務相兼務も検討している。

 前原誠司前政調会長と城島光力前国対委員長、樽床伸二前幹事長代行は閣僚で処遇する見通し。財務相に前原氏の起用論もある。城島氏を総務相か厚生労働相に充てる案も浮上している。古川元久国家戦略担当相は退任が濃厚となった。

 玄葉光一郎外相と森本敏防衛相は留任が固まった。6月の再改造内閣で起用した参院議員の羽田雄一郎国土交通相と郡司彰農相は留任する見込み。滝実法相は本人の意向を踏まえ、退任させる。

 郵政民営化担当相には国民新党の自見庄三郎代表が就任する。
中国新聞


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中真紀子氏の入閣検討 岡田・藤村両氏、留任へ


 野田佳彦首相(民主党代表)は29日、岡田克也副総理と藤村修官房長官を留任させる方針を固めた。玄葉光一郎外相も留任させる方向。また、田中真紀子元外相を閣僚に起用する検討に入った。首相は1日に内閣改造を行い、皇居での認証式を経て同日中に野田第3次改造内閣を発足させる。

 野田首相は29日、首相公邸で岡田、藤村両氏と会談し、改造人事について意見交換をした。消費増税法を牽引(けんいん)した岡田氏と、輿石東幹事長との関係が良好で自民党との調整役も果たしてきた藤村氏は留任。尖閣諸島や竹島問題などをめぐる外交の継続性から、玄葉外相も留任で調整している。

 田中氏は自民党時代に科学技術庁長官や外相を務めたが、3年前の政権交代直前に民主党に入った。日中国交正常化を果たした当時の田中角栄首相の長女で、今月27日には中国側に招かれて日中友好団体代表らと訪中した。田中氏の起用は、政権として対中関係改善へのメッセージを込める狙いもあるとみられる。
朝日新聞
by momotaro-sakura | 2012-09-30 09:28