日中国交正常化40周年も…対立の解決糸口見えず

日中国交正常化40周年も…対立の解決糸口見えず
 日本と中国は29日、国交正常化40周年を迎えた。日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に反発した中国は、40周年の記念行事を中止するなど矢継ぎ早に対抗措置を発動。歴史的見地から日本の領有権の不当性を説く宣伝戦も強めており、対立解決に向けた出口は見えない。

 共同通信の調べによると、国交正常化40周年の記念事業や交流イベントの中止と延期が、少なくとも全国40道府県に広がっていることが判明した。約250件の事業とイベントのうち約4割に当たる約100件が中止や延期となっており、両国関係の基盤である草の根交流にも深刻な影響が出ていることがあらためて浮き彫りとなった
[ 2012年9月30日 06:00 スポニチ
by momotaro-sakura | 2012-09-30 09:40