インドネシア 待遇改善訴え大規模デモ

インドネシア 待遇改善訴え大規模デモ
10月3日 17時5分NHKニュース
K10054908711_1210031707_1210031718.mp4

インドネシアで、派遣労働の禁止や賃金の引き上げなどを求める労働組合の大規模なデモやストライキが全国で一斉に行われ、日系企業の工場が集まる首都ジャカルタ近くの工業団地でも、多くの労働者たちが参加し、待遇の改善などを訴えました。

これは、合わせて200万人以上の組合員を抱えるインドネシアの複数の労働組合の呼びかけで、3日、全国一斉に行われたもので、組合側は派遣労働の禁止や賃金の引き上げなどを求めています。
このうち、首都ジャカルタからも近く、多くの日系企業の工場が集まる、西ジャワ州ブカシ県の工業団地では、5000人を超える労働者たちが集まり、出入り口の前や道路などで旗や横断幕を掲げ、派遣労働の禁止や待遇の改善などを訴えました。
インドネシアでは、ことし1月に賃金の引き上げを求める大規模なデモが発生し、操業停止に追い込まれる企業も多く出たため、今回は警察や軍が全国でおよそ1万5000人を動員して警戒に当たっていて、これまでのところ大きな混乱は起きていません。

by momotaro-sakura | 2012-10-04 10:42