日本企業からの来場減少へ=「尖閣」が影響-中国広州交易会

日本企業からの来場減少へ=「尖閣」が影響-中国広州交易会
 【香港時事】15日開幕の中国最大の貿易見本市、広州交易会(広東省)のスポークスマンは14日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題による日中関係悪化の影響を受け、今回来場する日本企業購買担当者の数はこれまでより減る可能性があるとの見方を示した。香港のラジオが伝えた。前回(今春)の交易会には日本企業から約6200人の購買担当者が来場したという。
 スポークスマンは「このような状況になった責任は完全に日本側にある」と尖閣国有化を批判。ただ、同時に「中日が経済・貿易の往来を強化することは両国人民の利益になる」と述べ、「広州交易会は日本の商工・貿易関係者の来訪を歓迎する」と強調した。(
2012/10/14-20:23)
by momotaro-sakura | 2012-10-15 07:55