タワーレジデンストーキョー

タワーレジデンストーキョー 
物件概要

e0009760_754550.jpg
e0009760_7544846.jpg
e0009760_7551546.jpg
e0009760_7553737.jpg
e0009760_7561532.jpg


所在地

東京都台東区台東1-206-1



交通

JR山手線「秋葉原」駅より徒歩8分
東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分



建物竣工

2008年1月



構造

地上37階地下1階建(制震構造)



総戸数

260戸



EV基数

9人乗り 150m/分 2台,非常用 17人乗り 150m/分 1台
合計3台(86.7戸/台)



間取り

1LDK ~ 4LDK



面積

44 ~ 126 (m2)



分譲価格

2,750 ~ 14,900 万円



売主

オリックス不動産



販売会社

三井不動産販売



設計事務所

入江三宅設計事務所



施工会社

三井住友建設



物件概要


基礎

支持地盤は、約20万年前に堆積した東京礫層(れきそう)
 超高層のタワーマンションに住む上で気になるのは、地震発生時の住まいへの影響です。タワーレジデンス トーキョーには、建設地における支持地盤の強固さに加えて、超高層建築で豊富な実績のあるフレーム構 造と制震構造を導入するなど、安らぎのあるタワーライフを送っていただくための先進技術が集積しています。
 タワーレジデンストーキョーの支持地盤は、いまから約20万年以上前に堆積した東京礫層と呼ばれ る地盤です。この地盤は、堅固に締まった砂礫で構成され、その固さを示すN値は、安全レベルの50 以上を示しています。東京礫層は地下約33mの比較的浅い位置にあることから、とても安定した地 盤と言えます。一般的に、超高層建築物にとって、地震時に地盤が揺れる周期と建物が揺れる周期 が同調(共振)し、建物の揺れが大きくなることは危険とされています。タワーレジデンストーキョーの立 地は、東京礫層に到るまでN値が50を越える地層を2層通っているほど固い地盤を持ち、超高層建 築物とは揺れの周期が同調しにくい安心の立地です。
※N値50以上の超高層タワー建設に適した強固な地盤です。
杭の先端で日本最大級4.0mの大型杭を採用
建物の基礎には、地中の強固な地盤で建物を安全に支える杭基礎を採用。建物の下 に、直径2.0 ~ 2.3mの鉄筋コンクリート製の杭を45本設けて建物を支え、また地震時の 建物の安全性をより万全なものとします。杭は先端を強固な支持地盤内に打ち込み、 さらに安定性を増すように先端部分を広くした拡底杭を採用しました。しかも先端部分 の最大径は、日本最大級の4.0mの大型杭を使用しています。杭は、国土交通大臣の 認定を受けた工法で、確かな品質管理に基づいて施工しています。
構造

ピボットバランスド・フレーム方式
タワーレジデンストーキョーの構造形式には、超高層タワーマンションの構造形式として 豊富な実績のある鉄筋コンクリート造のフレーム構造を採用しています。このフレーム 構造は高強度の材料を組み合わせた柱と梁で構成されたもので、強度と粘り強さの 両方を備えており、耐震性に優れているばかりでなく強風に対しても揺れにくく、安全で 快適な暮らしを実現します。扇フォルムの建物周囲を囲んだチューブ形式のフレームと、 内部のグリッド形式のフレームを組み合わせたフレーム構造を我々は“ピボットバラ ンスド・フレーム(Pivot Balanced Frame)”方式と呼んでいます。この方式によ って扇フォルムの建物全体を強固に支えています。
110本の制振ダンパーを設置した制震構造の採用
地震のエネルギーを吸収し、建物全体のダメージを軽減。 地震が発生した時に、そのエネルギーをどこで吸収するか。制震構造というのは、建築 物の上部や各階に制振装置を設けることで地震のエネルギーを吸収し、地震による揺れ を小さくする構造です。その地震波のエネルギーを吸収する装置が制振ダンパーです。 タワーレジデンストーキョーでは、4 ~ 25階に110本の制振ダンパーを設置した制震構造 を採用しています。制振ダンパーは、中央に粘り強い鋼材を使用した鉄骨造の柱で、地 震のエネルギーを吸収して建物の揺れを抑え、建物本体の柱や梁への損傷を軽減 します。粘り強い鋼材を使用しているために、長い時間揺れ続ける長周期地震に対して も安定した耐震性能を発揮します。
高強度コンクリートを使用
超高層建築において、コンクリートの品質もまた重要な条件です。タワーレジデンストーキョー では、建物全体で超高層での十分な安全性を確保するために、高強度のコンクリートと最大 直径41mmという高強度の鉄筋をバランス良く使用しています。建物全体の重みを支える柱 では、最大設計基準強度80N/mm2のコンクリートを採用しています(1 ~ 4階の柱の一部)。 このコンクリートは、1m2で8,000トンの荷重を支え る強度を持っており、一般のマンションで使用し ているコンクリートの3倍以上の強度を備えていま す。その他の部位でも設計基準強度は30N/mm2 以上で、約100年の耐久性能をめざしています。
また、柱の補強対策として、特殊な溶接で帯状につないだ 溶接閉鎖筋を主筋に巻きつけています。 この補強筋が主筋を拘束することで 地震発生の際にも柱が粘り強く抵抗し、 建物全体の安定性を増しています。
スラブ厚250mm。二重床・二重天井
住戸の床には、遮音性能に優れた厚さ 250mm※の大型床版を利用し、小梁の ない開放的な住戸としています。小梁 がないために、将来の住戸内の間取り 変更にも対応しやすくなっています。 二重床構造で昔の伝わりを軽減。また 天井も二重天井で遮音性を高め、居住 環境に配慮した設計となっています。 フローリング床には、遮音性に優れた LL45等級の製品を採用しています。 ※一部では厚さ200mmのコンクリートの床を採用しており、その部分には小梁があります。
価格情報

所在階

価格

坪単価

間取

占有面積

データ取得日



37 階

9,900 万円

323 万円

3LDK

101.01 平米

2009年03月13日



36 階

6,480 万円

300 万円

3LDK

70.61 平米

2008年08月09日



36 階

6,480 万円

300 万円

3LDK

70.73 平米

2008年08月11日



36 階

9,380 万円

320 万円

1SLDK

96.47 平米

2010年09月24日



36 階

9,380 万円

317 万円

1SLDK

96.89 平米

2010年10月25日



34 階

5,480 万円

294 万円

2LDK

61.15 平米

2011年08月10日



33 階

7,280 万円

267 万円

3LDK

88.90 平米

2009年05月31日



32 階

7,530 万円

297 万円

3LDK

83.37 平米

2008年09月13日



29 階

5,500 万円

297 万円

2LDK

60.73 平米

2009年04月18日



29 階

5,580 万円

300 万円

2SLDK

61.15 平米

2009年10月05日



28 階

6,780 万円

314 万円

3LDK

70.76 平米

2011年07月17日



27 階

4,450 万円

333 万円

1SK

43.90 平米

2008年03月27日



27 階

6,280 万円

290 万円

3LDK

70.76 平米

2008年10月22日



27 階

7,200 万円

333 万円

3LDK

70.73 平米

2010年04月26日



26 階

8,480 万円

310 万円

3LDK

89.37 平米

2009年12月17日



25 階

5,780 万円

313 万円

2LDK

60.73 平米

2008年03月27日



25 階

6,950 万円

303 万円

3LDK

75.25 平米

2008年06月16日



25 階

6,340 万円

307 万円

2LDK

67.52 平米

2011年01月26日



24 階

4,200 万円

310 万円

1LDK

44.32 平米

2008年03月27日



24 階

5,680 万円

303 万円

2LDK

61.15 平米

2008年03月27日



24 階

7,900 万円

360 万円

3LDK

71.90 平米

2011年08月31日



22 階

6,400 万円

297 万円

3LDK

70.73 平米

2008年03月24日



20 階

6,780 万円

314 万円

2SLDK

70.76 平米

2011年08月31日



19 階

7,500 万円

326 万円

3LDK

75.25 平米

2008年03月27日



18 階

4,980 万円

267 万円

2LDK

61.15 平米

2011年08月31日



18 階

6,880 万円

320 万円

3LDK

70.73 平米

2011年08月31日



15 階

3,580 万円

264 万円

1LDK

44.32 平米

2008年10月30日



15 階

3,580 万円

267 万円

1LDK

43.90 平米

2008年11月01日



13 階

6,750 万円

267 万円

3LDK

82.98 平米

2009年07月02日



13 階

6,800 万円

337 万円

3LDK

66.53 平米

2011年01月22日



13 階

5,980 万円

290 万円

2SLDK

67.52 平米

2011年02月18日



13 階

6,800 万円

317 万円

3LDK

70.73 平米

2011年08月31日



12 階

6,750 万円

267 万円

3LDK

82.98 平米

2008年03月27日



10 階

7,240 万円

284 万円

2LDK

83.37 平米

2011年08月31日



9 階

5,480 万円

267 万円

2LDK

67.05 平米

2008年10月24日



9 階

5,480 万円

267 万円

2LDK

67.52 平米

2008年11月10日



7 階

4,800 万円

257 万円

2LDK

61.15 平米

2011年08月31日



6 階

4,780 万円

257 万円

2LDK

61.15 平米

2008年03月27日


*平均坪単価:298 万円

タワーレジデンストーキョー の特徴
総戸数260戸のタワーレジデンストーキョーは、三井住友建設の施工で2008年1月に完成した、37階建てのタワーマンションです。設計は、六本木ヒルズなどを手がけた入江三宅設計事務所が担当。曲線を描く扇形の未来的なフォルムと、ガラス貼りの開放的なエントランスホールがタワーレジデンストーキョーの目印です。ゲストルームやシアタールーム、ライブラリーなど、大規模物件ならではの共用施設が充実。各フロアには、24時間ゴミ出しが出来るダストステーションも設置されています。コンシェルジュサービスや24時間有人管理のセキュリティも、快適な都会暮らしを送る上で見逃せないポイント。最寄り駅は徒歩7分のJR秋葉原駅です。
by momotaro-sakura | 2012-10-15 11:07 | ブログ