BNCT30年度開始目指す病院で世界初のがん治療装置

BNCT30年度開始目指す病院で世界初のがん治療装置


 一般財団法人脳心疾患研究所(渡邉一夫理事長)が計画中の「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)によるがん治療機器の開発・実証計画」が福島県の国際的先端医療機器開発実証事業費補助金に採択されました。平成26年度に臨床試験、同30年度に治療開始を目指します病院でBNCT治療を行うのは世界で初めて

BNCT装置の一部。
加速機器「サイクロトロン」
BNCT(Boron Neutron Capture Therapy)は、エネルギーの低い中性子とがん細胞・組織に集積するホウ素化合物の反応を利用してがん細胞をピンポイントで破壊する最先端の放射線がん治療法です。正常な細胞への影響を抑え、外科手術やX線治療では難しい再発がん、進行がんにも有効とされています。
補助金は国の平成23年度第三次補正予算を活用した医療関連産業集積プロジェクト補助金の一環。昨年3月の東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故からの復興、医療機器産業の振興を目指し開発困難な先端医療機器の研究開発や実証試験などを支援するものです。県は総事業費約68億円のうち4年間で43億円の補助を決め、6月21日に発表しました。
BNCTの研究は京都大が5年前から住友重機械工業と共同開発、同大原子炉実験所で治療の有効性や安全性を確認する作業を進めています。
同研究所の実用化までの計画では、早ければ今秋にも郡山市八山田にある南東北がん陽子線治療センター西に延べ床面積約6000㎡の建屋を建設。京都大が住友重機と共同開発し間もなく実際の患者を対象に臨床試験(治験)を開始する段階にある「サイクロトロン」という加速器を用いたBNCT装置を導入します。治療計画システムなどの開発は京都大と筑波大、効果的な薬剤の開発などは東京理科大に委託する予定です。安全性や性能向上試験を経て平成26年度後半から治験を開始、薬事申請の手続きを経たうえで同30年度には厚生労働省が認定する先進医療としての治療開始を目指します。
昨年3月の東電原発事故で福島県内に住む県民たちは健康への不安を抱えて生活していますが、こうした状況の中で難治性の再発がんや進行がんに有効とされるBNCTの実用化を世界に先駆けて取り組むことは世界のがん治療患者にとっても朗報と言えます。また治療を求める患者とその家族らが国内外から本県を訪れるようになれば地域経済の活性化にもつながると考えます。新しいがん治療法の実用化を目指し本県の復興と医療の発展に貢献します。
福島県が開発実証費補助採択

BNCT30年度開始目指す病院で世界初のがん治療装置



-------------------------------------------------------------------


粒子線治療を受けられる病院(施設)は全国で8箇所です

国内における粒子線治療施設は以下のリストのようになります。装置や稼動施設にかかる費用が、重粒子線で約120億円、陽子線が約80億円とずば抜けて高く、また装置が大掛かりなものため、重粒子線が3箇所、陽子線が6箇所となっています(兵庫県は1つの施設に2つ設置)。
•南東北がん陽子線治療センター (福島県郡山市)
•相澤病院 (長野県松本市)
•筑波大学陽子線医学利用研究センター (茨城県つくば市)
•国立がんセンター東病院 (千葉県柏市)
•重粒子医科学センター病院 (千葉県千葉市)
•群馬大学重粒子線医学研究センター (群馬県前橋市)
•静岡県立がんセンター(静岡県駿東郡)
•クオリティライフ城北 (愛知県名古屋市 ※…2012年以降の開始予定)
•兵庫県立粒子線医療センター (兵庫県たつの市)
•若狭湾エネルギー研究センター (福井県敦賀市)
•福井県陽子線がん治療センター (福井県福井市 ※…2011年3月開始予定)
•がん粒子線治療研究センター (鹿児島県指宿市 ※…2011年4月開始予定)
•九州国際重粒子線がん治療センター (佐賀県鳥栖市 ※…2013年以降の開始予定)

名古屋市陽子線がん治療施設は稼動後の財政難を懸念して建設計画が一時凍結される事態となっていましたが、2010年に凍結は解除され、プロジェクトは再始動しています。また、民間保健との協定も検討中です。

なお、粒子線治療は保険適応になっていないため、300万円前後が全額自己負担となっていましたが、近年はアフラックや東京海上、損保ジャパン、日本興亜損保などの保険各社の「先進医療特約付き保険」に加入していれば、その保険会社と協定を結んでいる施設での治療費はカバー(上限あり)されます。

また、現在は都市部を中心に全国に数箇所しかない粒子線施設ですが、施設が増え、利用患者も増加して治療実績が積み上がれば、いずれは公的な健康保険適用へと格上げされる可能性もあります。




抗がん剤の種類

分子標的薬
アルキル化剤
代謝拮抗剤
植物アルカロイド
抗がん性抗生物質
プラチナ製剤
ホルモン剤
生物学的応答調節剤

安心して治療を受けるために

がんの種類別 使用抗がん剤
抗がん剤の副作用と対処法
抗がん剤の日帰り治療
セカンドオピニオン
がんになっても入れる保険

がんの最新治療

トモセラピー
粒子線治療
前立腺がんの小線源療法
大腸がんの腹腔鏡手術
by momotaro-sakura | 2012-10-15 14:19 | 健康管理/先端医療