<尖閣問題>「日中台で資源を3割ずつ」、鴻海理事長の提言に馬総統が「賛成」―台湾

<尖閣問題>「日中台で資源を3割ずつ」、鴻海理事長の提言に馬総統が「賛成」―台湾

2012年10月18日 17時33分

17日、台湾のEMS大手、鴻海集団の郭台銘理事長が尖閣諸島問題について、「中国本土、日本、台湾の3者で共同開発し、資源を30%ずつ分け合うというのはどうか」と提案、馬総統が賛意を示した。(Record China)

2012年10月17日、台湾紙・旺報によると、尖閣諸島をめぐる問題で、台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海集団の郭台銘(グオ・タイミン)理事長が「中国本土、日本、台湾の3者で共同開発し、資源を30%ずつ分け合うというのはどうか」と提案した。18日付で環球時報(電子版)が伝えた。
17日に開催された台湾最大の民間経済団体「三三会」(三三企業交流会)の例会で発言した。この日、初めて例会に招かれた馬英九(マー・インジウ)総統の演説後、8月に総統が提言した「東シナ海平和イニシアチブ」を実現させるための具体案として、「中国本土、日本、台湾の民間経済団体が主体となり、共同開発を行う。資源は3割ずつ分け合い、残る10%は保留とするのはどうか」と提案、リーダー役には中国本土とも日本ともパイプを持つ江丙坤(ジアン・ビンクン)・海峽交流基金会(海基会)前会長が適任だと推薦した。

郭氏の提案に、馬総統は「すごく賛成だ」と述べた。「東シナ海平和イニシアチブ」には、「資源の共同開発」のほか「対立行動の自制」「問題の棚上げ」「対話の継続」「国際法の遵守」「行動規範の策定」などが盛り込まれている。
(翻訳・編集/NN)
by momotaro-sakura | 2012-10-19 18:52