石破氏「話し合い次第」…減額補正で柔軟姿勢

石破氏「話し合い次第」…減額補正で柔軟姿勢

 自民党の石破幹事長は3日、神戸市内で記者団に、赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立に協力する条件としている2012年度予算の減額補正について、「セットで考えるべきか、まず特例公債法案をやるべきかは(民主党との)話し合い次第だ。(補正の)時期や方法についてはいろんな知恵がある」と述べた。


 減額補正の確約が取れれば、補正成立前でも特例公債法案に協力する可能性を示唆したものだ。


(2012年11月4日09時36分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2012-11-04 10:35