年金減額、来年10月施行で合意=今国会で法案成立へ-民自

年金減額、来年10月施行で合意=今国会で法案成立へ-民自

 民主、自民両党は13日、過去の物価下落時に年金給付額を据え置き、払い過ぎになっている「特例水準」を解消する国民年金法改正案について、施行日を政府案の2012年10月1日から13年10月1日に1年遅らせるなどとした修正案で合意した。合意により、同法改正案は15日の衆院本会議で可決され、今国会で成立する見通しとなった。
 年金給付額は物価に連動して決まるが、物価が下落した2000~02年度に特例的に据え置いた影響で、現在の給付額は本来よりも2.5%高くなっている。修正案では、施行日を1年遅らせた上で、給付額を13年10月に1%、14年4月に1%、15年4月に0.5%減額し、本来の水準に戻す。(2012/11/13-11:31)
時事ドットコム
by momotaro-sakura | 2012-11-13 14:01