議員歳費2割削減へ=自公受け入れ

議員歳費2割削減へ=自公受け入れ
2012年 11月 15日 12:12
 民主党は15日、野田佳彦首相が14日の党首討論で表明した国会議員の歳費を2割削減する関連法案を衆院に提出した。自民、公明両党も受け入れる方針を固め、関連法案は今国会で成立する見通しとなった。

 民主党はまた、国会開会中に日額6000円支給される委員長手当を廃止する法案を、公明、共産両党とともに衆院に提出した。今国会での成立を目指す。
 

[時事通信社]
by momotaro-sakura | 2012-11-15 17:54