寒さ厳しい冬に 気象庁、3カ月予報

寒さ厳しい冬に 気象庁、3カ月予報
2012.11.23 14:33産経ニュース
 気象庁は22日、12月~来年2月の3カ月予報を発表した。広い範囲で平年より寒さが厳しくなりそうだ。平均気温は北日本(北海道、東北)を除き、12月と来年1月が低温傾向、2月はやや低温傾向の予想。北日本は12月がやや高温傾向で、年明け以降は平年並みの寒さと予想した。

 東日本(関東甲信、北陸、東海)以西で冬型の気圧配置が平年より強まるため。日本海側の降雪量は3カ月平均では東日本と西日本(近畿-九州)で多い傾向、北日本は平年並みとした。

 日本付近上空で偏西風が南寄りになる上、カムチャツカ半島付近のアリューシャン低気圧も平年より南で強い予想。このため東日本以西で寒気の影響を受けやすいという。

 各月の予報は次の通り。

 ▽12月 東・西日本の日本海側は平年より曇りや雨、雪の日が多い。

 ▽来年1月 東日本の日本海側は平年より雪や雨の日が多い。東・西日本の太平洋側は平年より晴れの日が多い。

 ▽2月 全国的に平年同様。日本海側は曇りや雪、雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い。沖縄・奄美は曇りや雨の日が多い。

by momotaro-sakura | 2012-11-23 16:09 | ブログ