民主、第3極への転身組に「刺客」攻勢

民主、第3極への転身組に「刺客」攻勢

 民主党が23日、同党を離党して日本維新の会から衆院山梨1区に出馬する小沢鋭仁元環境相への刺客として、斎藤勁
つよし
官房副長官(比例南関東)の擁立を決めたのは、衆院選直前に第3極などに移った前衆院議員には厳しく対応するという、野田首相の強い意向の表れといえる。

 輿石幹事長は擁立発表の記者会見で、「首相にも報告し、『ぜひ、やってほしい』ということで一致している」と語った。首相周辺によると、首相自らが斎藤氏を説得したという。

 輿石氏は、小沢氏が民主党への離党届を提出した今月19日、「大臣までさせてもらったのに、人としてあり得ない行為だ。(対抗馬は)必ず立てる」と周辺に怒りをぶちまけていた。輿石氏は参院山梨選挙区選出で、山梨1区は地元。かつては衆院選で小沢氏と選挙区を争った経緯などもあり、もともと小沢氏とは折り合いが悪いとされる。

 小沢氏は発表を受け、「輿石さんが、考え得る最強の候補をぶつけてきた。僕を殺しに来ている」と警戒感をあらわにした。

 民主党は今後、小沢氏同様、第3極に移り、除籍となった前衆院議員らへの刺客候補の擁立を急ぐ方針だ。


(2012年11月24日10時39分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2012-11-24 11:41