維新単独で過半数擁立は困難 橋下氏、みんなと獲得狙う

維新単独で過半数擁立は困難 橋下氏、みんなと獲得狙う

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は24日午前、読売テレビの報道番組で、総選挙の獲得議席目標について「(過半数を)目指しているが、現実的にはみんなの党の議席数を足して考える」と当初目標の単独過半数は困難だとし、みんなの党と合わせて過半数獲得を目指す考えを示した。候補者数については「150人を超えると報告を受けている」とした。

 維新は擁立目標を当初の350人から過半数の241人に下方修正していたが、この日の発言は過半数擁立も困難な見通しを示したものだ。橋下氏は23日、みんなの渡辺喜美代表らに合流を打診。24日もみんなとの連携を重視する考えを示した。橋下氏は選挙後は民主、自民、公明各党を含めて政策ごとの連携に前向きな姿勢も示した。

 一方、みんなの党の浅尾慶一郎政調会長は同じ番組で合流呼びかけについて「(旧)太陽の党の方も交えて政策協議をしたい」と、あくまで基本政策一致が必要との考えを示した。

朝日新聞デジタル 11月24日(土)12時1分
by momotaro-sakura | 2012-11-24 14:43