北朝鮮がミサイル発射 沖縄の上空付近通過か



<北朝鮮ミサイル>午前9時49分に発射

2012年12月12日 10時16分 (2012年12月12日 10時35分 更新)



 政府は12日午前、北朝鮮が同日午前9時49分、事実上の長距離弾道ミサイルを発射したと発表した
--------------------------------------------------------------------------
北朝鮮がミサイル発射 沖縄の上空付近通過か


 4月、北朝鮮が人工衛星打ち上げと主張して公開した長距離弾道ミサイル=北朝鮮北西部・東倉里(共同)

 日本政府は12日、北朝鮮が同日午前、人工衛星打ち上げとして予告していた長距離弾道ミサイルを北西部東倉里の「西海衛星発射場」から発射したと発表した。沖縄・先島諸島上空を通過した可能性がある。発射が確認されれば空中爆発して失敗に終わった4月以来。

 落下地点や被害の有無は不明。国連安全保障理事会決議は北朝鮮に弾道ミサイル技術を使った発射を禁じており、国際社会の反発は必至だ。日本政府は米国や韓国と連携、制裁強化を検討する。

 北朝鮮は今月10日、発射予告期間の延長を発表していたが、一転、早期の発射を強行した
。(ソウル共同)

2012/12/12 10:37 【共同通信】

---------------------------------------------------------------------------

北ミサイル発射 沖縄上空通過し、フィリピン沖に落下か 日本政府発表2012年12月12日(水)10:32
 
日本政府は北朝鮮が発射したミサイルは午前10時2分ごろ、沖縄県上空を通過したと発表。フィリピン沖に落下したという。


--------------------------------------------------------------------------------

北朝鮮がミサイル発射 沖縄上空を通過

 朝日デジタル【ソウル=貝瀬秋彦】北朝鮮は12日午前9時49分ごろ、北朝鮮西部から、事実上の長距離弾道ミサイルとみられる機体を南方に向かって発射した。

 日本政府は、発射された機体が10時1分ごろ沖縄県上空を通過し、10時5分ごろにフィリピンの東方約300キロの太平洋に落下したと見られると発表した。

 また、機体の部品と見られる物体が、9時58分ごろ朝鮮半島の西方約200キロの黄海に、9時59分ごろ朝鮮半島の南西約300キロの東シナ海に、それぞれ落下したと見られるという。

 日本政府によると、3点の落下物は、いずれも北朝鮮が事前に予告した海域に落下した。

 日本はミサイルが予定された軌道から外れて自国に落ちてくる場合に備え、迎撃ミサイルなどを配備して対応にあたっていたが、破壊措置は実施されなかった。藤村修官房長官は記者会見で「極めて遺憾で容認できるものではない。北朝鮮に厳重に抗議する」と述べた。政府は10時50分から首相官邸で安全保障会議を開いて、対応を協議した。

by momotaro-sakura | 2012-12-12 10:40