くすぶるバブル待望論、問題は実現手段

くすぶるバブル待望論、問題は実現手段
日本経済研究センター主任研究員 前田昌孝
 16日に迫った衆院選ではすでにどこが勝つかではなく、自民党が圧勝かどうかに焦点が移っている。野田佳彦首相が衆院解散を表明した11月14日を境に東京株式相場は様変わりになったが、安定政権が誕生しそうな…

日経新聞
by momotaro-sakura | 2012-12-12 11:35