6年前の私のブログから

茨城一区は丹羽雄哉氏~赤城徳彦氏へ

お父さんの故丹羽喬四郎代議士の御子息
丹羽雄哉氏とはお父さんが亡くなって間もなく
衆議院議員に立候補するので挨拶に訪れ一緒に
座をもうけた記憶が残ってます。
この頃は大和地区は丹羽派一色でした。
もともと大和地区は赤城宗徳衆院議員の地盤で
あったが当時の千勝村長が
丹羽喬四郎衆議院議員に鞍替えしたのでした。
その関係で丹羽雄哉氏との結びつきが
でき一筆戴いた訳です。その後選挙区が
替わり宗徳氏の孫の赤城徳彦氏が
登場し現在に到っている。
衆議院議員立候補前に徳彦氏も秘書の柴さんと
一緒にお忍びで私のところに挨拶に来られました。
丹羽氏全盛な時でも赤城票は
常に根強い票が500票以上ありました。
我が家の一票もこの500票の中にありました。
私が下妻一高に通っているとき、年に一度は
必ず校庭で宗徳氏の演説会が催されたものでした。
その頃の宗徳氏はもはや日本の宗徳氏であって、
地方の宗徳氏では無くなっていたようでした。
やはり政治家は地元を忘れないほうが
長い政治活動が出来るようです。
現在の赤城徳彦衆院議員もお爺ちゃんの宗徳氏
に負けぬ様なインパクトの
強い政治家となってほしいものです。
山口武平氏のような一県会議員の古狸に、
茨城県の主導権をとられているような国会議員では、
情けなく、頼りなさを感じざるをえないのである。
そのような自民党には全く魅力を感じないのが昨今です。
これからの茨城を変えてくれるような
政治家となってくれることをお二人にお願いする。

by momotaro-sakura | 2006-09-26 18:08



今回丹羽雄哉氏は91,121票で 返り咲きしました!!おめでとうございます。
by momotaro-sakura | 2012-12-19 10:47