地政学的リスク

地政学的リスクは、「地政学リスク」とも呼ばれある特定地域が抱える政治的・軍事的・社会的な緊張の高まりが、地球上の地理的な位置関係により、その特定(関連)地域の経済、あるいは世界経済全体の先行きを不透明にすることをいう。一般に地政学とは、地理的な位置関係が政治や国際関係に与える影響を研究する学問であり、本用語は米連邦準備制度理事会(FRB)が2002年9月に米国のイラク攻撃に対して使用して以来、マーケット(市場)でも幅広く認識され、使用されるようになった。
地政学的リスクの二大要因としては、「地域紛争の勃発」と「テロの脅威」が挙げられ、経済がグローバル化する中で、そのリスクは全世界的に影響を及ぼす可能性がある。この具体的な対象としては、イランの核開発問題、イラクの混乱(テロ多発)、イスラエルのガザ問題やパレスチナ問題、アフガニスタンの対テロ戦争、チェチェン紛争、北朝鮮の核開発問題などがあり、これらに関して大きな出来事が起こると、マーケットにも大きな影響を及ぼすことがある。特に中東関連の危機(中東情勢)では、原油価格や株式相場、為替相場などの経済的変動を引き起こし、国際経済や企業活動などに影響を及ぼす大きな不安定要因となることが多い。また、日本に身近な北朝鮮問題は、世界的なインパクトを与えることはあまりないものの、日本や韓国、中国などの東アジア地域では大きな不安定要因であり、時としてこの地域のマーケットに大きな影響を及ぼすことがある。
なお、資産運用において、地政学的リスクは、予測が非常に難しく、ある日突然リスクが顕在化して、マーケットの流れを大きく変わることがあるので注意が必要。

by momotaro-sakura | 2012-12-20 12:09