儲ける方法を伝授してくれた高須院長

本格的にインフレになる前に、現金を不動産でも何でもいいから、なにか現物に替える。これが重要だね。ちなみにぼくはバブルの頃、とにかく土地を買わなきゃって思ってて、東京の土地だけじゃなくて、オーストラリアの牧場まで買おうとしたもん(笑い)。

 今は金利がすごく低いからタンス預金をしている人も多いと思うんだよ。ウチの患者さんでも、いまだに聖徳太子の1万円札で払う人もいるからね。不況だ、デフレだっていっても、実は現金をひっそり溜め込んでいる人がいるんだよ。そういう人は、早いうちに現物に替えないと、気づいたら大損をこいちゃう。マンションでも買って、家賃収入を確保するっていうのもいいかもね。インフレになったら家賃を値上げすればいいだけだから、難しいことを考える必要もない。ただ、家賃収入を当てにしちゃうとマネーゲームはできないけどね(笑い)。

 とにかく、インフレ状態になる前に不動産を買っておく。これが儲けるための最短コース。不動産が無理なら株でも金でもいい。現金以外のものなら何でもいいから、“モノ”に替えておく。それしかないね

 * * *
 バブルの生き証人として、この機に儲ける方法を伝授してくれた高須院長。来るべきハイパーインフレの際には、またしても高須院長のイケイケっぷりが見られるかも!?  今後の動向から目が離せない!



NEWS ポストセブン 1月19日(土)
by momotaro-sakura | 2013-01-19 13:57