日立、日立プラントを吸収合併 インフラ事業強化

日経ニュース

日立、日立プラントを吸収合併 インフラ事業強化

公開日時2013/2/1 20:51
 
日立製作所は1日、全額出資子会社の日立プラントテクノロジー(東京・豊島)を4月1日付で吸収合併すると発表した。同社は水処理システムや産業プラントなど社会インフラの設計・施工などを手掛ける。日立は社会インフラ事業を成長戦略の柱に据えており、今回の吸収合併で営業・開発・調達などの重複部門を効率化。顧客提案力も高める。

 日立プラントは2006年、日立プラント建設や日立機電工業など、インフラ関連のグループ会社と日立本体の電機部門の一部を統合して発足。日立が10年に社会インフラ事業の強化に向け、全額出資子会社にした。日立プラントの12年3月期の売上高は3343億円、純利益は34億円。

 日立グループでは4月に上場子会社の日立金属と日立電線が合併を予定するなど、グループ内再編を加速している

by momotaro-sakura | 2013-02-04 12:05