外郎売の口上

外郎売(ういろう うり)は歌舞伎十八番の一つ。いわゆる「曾我物」のひとつ『若緑勢曾我』(わかみどり いきおい そが)の一幕を一部独立させたものである。享保3年 (1718) 正月、江戸 森田座で初演。「外郎売実ハ曾我五郎」は二代目市川團十郎が勤めた。

今日では「外郎売」と言えばその劇中に出てくる外郎売の長科白を指すことが多い。俳優やタレントなどの養成所、或いはアナウンサーの研修等で発声練習や滑舌の練習に使われているが、漢字の読みやアクセントは幾種類かある。これは出典を何処から引用したかによる違いである。(例:一粒=「いちりゅう」「ひとつぶ」「健やかに成って・健やかに成りて」舌=「した」「ぜつ」 唇=「しん」「くちびる」など)


外郎売の口上の例

拙者親方と申すは、御立会の内に御存知の御方も御座りましょうが、
御江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町を御過ぎなされて、青物町を上りへ御出でなさるれば、
欄干橋虎屋藤右衛門、只今では剃髪致して圓斎と名乗りまする。

元朝より大晦日まで御手に入れまする此の薬は、
昔、珍の国の唐人外郎と云う人、我が朝へ来たり。
帝へ参内の折から此の薬を深く込め置き、用うる時は一粒ずつ冠の隙間より取り出だす。
依ってその名を帝より「透頂香」と賜る。
即ち文字には頂き・透く・香と書いて透頂香と申す。
只今では此の薬、殊の外、世上に広まり、方々に偽看板を出だし、
イヤ小田原の、灰俵の、さん俵の、炭俵のと色々に申せども、平仮名を以って「ういろう」と記せしは親方圓斎ばかり。
もしや御立会の内に、熱海か塔ノ沢へ湯治に御出でなさるるか、又は伊勢御参宮の折からは、必ず門違いなされまするな。
御上りなれば右の方、御下りなれば左側、八方が八つ棟、面が三つ棟、玉堂造、破風には菊に桐の薹の御紋を御赦免あって、
系図正しき薬で御座る。

イヤ最前より家名の自慢ばかり申しても、御存知無い方には正真の胡椒の丸呑み、白河夜船、
されば一粒食べ掛けて、その気味合いを御目に掛けましょう。
先ず此の薬を斯様に一粒舌の上に乗せまして、腹内へ納めますると、イヤどうも言えぬわ、胃・心・肺・肝が健やかに成りて、
薫風喉より来たり、口中微涼を生ずるが如し。
魚・鳥・茸・麺類の食い合わせ、その他万病即効在る事神の如し。
さて此の薬、第一の奇妙には、舌の廻る事が銭ごまが裸足で逃げる。
ヒョッと舌が廻り出すと矢も盾も堪らぬじゃ。

そりゃそりゃそらそりゃ、廻って来たわ、廻って来るわ。
アワヤ喉、サタラナ舌にカ牙サ歯音、ハマの二つは唇の軽重。
開合爽やかに、アカサタナハマヤラワ、オコソトノホモヨロヲ。
一つへぎへぎに、へぎ干し・はじかみ、盆豆・盆米・盆牛蒡、摘蓼・摘豆・摘山椒、書写山の社僧正。
小米の生噛み、小米の生噛み、こん小米のこ生噛み。
繻子・緋繻子、繻子・繻珍。
親も嘉兵衛、子も嘉兵衛、親嘉兵衛・子嘉兵衛、子嘉兵衛・親嘉兵衛。
古栗の木の古切り口。
雨合羽か番合羽か。貴様の脚絆も革脚絆、我等が脚絆も革脚絆。
尻革袴のしっ綻びを、三針針長にちょと縫うて、縫うてちょとぶん出せ。
河原撫子・野石竹、野良如来、野良如来、三野良如来に六野良如来。
一寸先の御小仏に御蹴躓きゃるな、細溝にどじょにょろり。
京の生鱈、奈良生真名鰹、ちょと四五貫目。
御茶立ちょ、茶立ちょ、ちゃっと立ちょ。茶立ちょ、青竹茶筅で御茶ちゃっと立ちゃ。
来るわ来るわ何が来る、高野の山の御柿小僧、狸百匹、箸百膳、天目百杯、棒八百本。
武具、馬具、武具馬具、三武具馬具、合わせて武具馬具、六武具馬具。
菊、栗、菊栗、三菊栗、合わせて菊栗、六菊栗。
麦、塵、麦塵、三麦塵、合わせて麦塵、六麦塵。
あの長押の長薙刀は誰が長薙刀ぞ。
向こうの胡麻殻は荏の胡麻殻か真胡麻殻か、あれこそ本の真胡麻殻。
がらぴぃがらぴぃ風車。起きゃがれ子法師、起きゃがれ小法師、昨夜も溢してまた溢した。
たぁぷぽぽ、たぁぷぽぽ、ちりからちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ一干蛸。
落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬ物は、五徳・鉄灸、金熊童子に、石熊・石持・虎熊・虎鱚。
中でも東寺の羅生門には、茨木童子が腕栗五合掴んでおむしゃる、彼の頼光の膝元去らず。
鮒・金柑・椎茸・定めて後段な、蕎麦切り・素麺、饂飩か愚鈍な小新発知。
小棚の小下の小桶に小味噌が小有るぞ、小杓子小持って小掬って小寄こせ。
おっと合点だ、心得田圃の川崎・神奈川・程ヶ谷・戸塚は走って行けば、灸を擦り剥く三里ばかりか、
藤沢・平塚・大磯がしや、小磯の宿を七つ起きして、早天早々、相州小田原、透頂香。
隠れ御座らぬ貴賎群衆の、花の御江戸の花ういろう。

アレあの花を見て、御心を御和らぎやと言う、
産子・這子に至るまで、此の外郎の御評判、御存じ無いとは申されまい。まいまいつぶりまいつぶり、
角出せ棒出せぼうぼう眉に、臼杵擂鉢ばちばち桑原桑原と、
羽目を外して今日御出での何茂様に、上げねばならぬ、売らねばならぬと、息せい引っ張り、
東方世界の薬の元締、薬師如来も照覧あれと、ホホ敬って外郎はいらっしゃりませぬか。





外郎売りの科白(二代目市川団十郎)

拙者(せっしゃ)親方と申すは、お立合いの中(うち)にご存知のお方もござりましょうが、お江戸を発(た)ってニ十里上方(にじゅうりかみがた)、相州小田原一色町(そうしゅうおだわらいっしきまち)をお過ぎなされて青物町(あおものちょう)を登りへおいでなさるれば,欄干橋虎屋藤右衛門(らんかんばし とらや とうえもん)、只今は剃髪(ていはつ)致して円斎(えんさい)と名乗りまする。

 元朝(がんちょう)より大晦日(おおつごもり)まで、お手に入れまするこの薬は、昔、珍(ちん)の国の唐人(とうじん) 外郎(ういろう)という人、わが朝(ちょう)へ来たり、帝(みかど)へ参内(さんだい)の折からこの薬を深く籠(こ)め置き、用ゆる時は一粒(いちりゅう)ずつ、冠(かんむり)の隙間より取り出(いだ)す。依(よ)ってその名を帝(みかど)より、透頂香(とうちんこう)と賜る(たまわる)。即ち文字(もんじ)には「頂(いただ)き・透(す)く・香(にお)い」と書いて、とうちんこうと申す。

 只今はこの薬、殊の外(ことのほか)世上(せじょう)に弘(ひろ)まり、方々(ほうぼう)に似看板(にせかんばん)を出(いだ)し、イヤ小田原の、灰俵の、さん俵の、炭俵のといろいろに申せども、平仮名をもって「ういろう」と記(しる)せしは親方円斎ばかり。もしやお立合いの中(うち)に熱海(あたみ)か搭(とう)の沢へ湯冶(とうじ)にお出(おいで)なさるか、又は伊勢(いせ)御参宮(ごさんぐう)の折りからは、必ず門違い(かどちがい)なされまするな。お登りならば右の方(かた)、お下りなれば左側,八方(はっぽう)が八つ棟(やつむね)、表が三つ棟(みつむね)、玉堂造り(ぎょくどうづくり)、破風(はふ)には、菊に桐の薹(とう)の御紋を御赦免(ごしゃめん)あって系図正しき薬でござる。

 いや最前(さいぜん)より 家名の自慢ばかり申しても、ご存知ない方には、正身(しょうしん)の胡椒(こしょう)の丸呑み、白河夜船(しらかわよふね)。さらば一粒(いちりゅう)食べかけて、その気味合いをお目にかけましょう。先(ま)ずこの薬をかように一粒(いちりゅう)舌の上にのせまして腹内(ふくない)へ納めますると、イヤどうも言えぬは、胃・心・肺・肝(い・しん・はい・かん)がすこやかになって薫風(くんぷう)喉(のんど)より来たり。口中(こうちゅう)微涼(びりょう)を生ずるが如し(ごとし)。魚鳥(ぎょちょう)・茸(きのこ)・麺類の食い合わせ、その外(ほか)万病(まんびょう)速効ある事、神(かみ)の如(ごと)し。さてこの薬、第一の奇妙には、舌のまわることが、銭独楽(ぜにごま)がはだしで逃げる。ひょっと舌がまわり出すと、矢も盾もたまらぬじゃ。

 そりゃそりゃそらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤ候(のんど)サタラナ舌(ぜつ)に、か牙(げ)サ歯音(しおん)、ハマの二つは唇(くちびる)の軽重(けいちょう)、開合(かいごう)さわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよおろ。一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、盆豆盆米盆牛蒡(ぼんまめぼんごめぼんごぼう)、摘み蓼(たで)つみ豆つみ山椒(ざんしょう)。書写山(しょしゃざん)の社僧正(しゃそうじょう)。粉米(こごめ)のなまがみ粉米のなまがみこん粉米の小生(こなま)がみ、繻子(しゅす)・緋繻子(ひじゅす)、繻子・繻珍(しゅっちん)。親も嘉兵衛(かへい)子も嘉兵衛、親かへい子かへい子かへい親かへい。古栗(ふるぐり)の木の古切口(ふるきりぐち)、雨合羽(あまがっぱ)か番合羽(ばんがっぱ)か、貴様のきゃはんも皮脚絆(かわぎゃはん)、我等がきゃはんも皮脚絆。しっ皮袴(かわばかま)のしっぽころびを、三針(みはり)はり長にちょと縫うて、縫うてちょとぶんだせ。河原撫子(かわらなでしこ)・野石竹(のぜきちく)、のら如来、のら如来、三(み)のら如来に、六(む)のら如来。一寸(いっすん)先のお小仏(こぼとけ)に、おけつまずきゃるな。細溝(ほそどぶ)にどじょにょろり。京の生鱈(なまだら)奈良生学鰹(なら なま まながつお)、ちょと四五貫目(しごかんめ)、お茶立(だ)ちょ茶立ちょ、ちゃっと立ちょ茶立ちょ、青竹(あおだけ)茶せんでお茶ちゃっと立ちゃ。

 来るは来るは何が来る、高野の山のお杮(こけら)小僧、狸百匹(たぬきひゃっぴき)・箸百膳(はしひゃくぜん)・天目百杯(てんもくひゃっぱい)・棒八百本(ぼうはっぴゃっぽん)。武具馬具ぶぐばぐ、三(み)ぶぐばぐ、合わせて武具馬具、六(む)武具馬具。菊栗きくくり、三菊栗、合わせて菊栗、六菊栗。麦、塵(むぎ、ごみ)、むぎごみ、三(み)むぎごみ、合わせてむぎごみ、六(む)むぎごみ。あの長押(なげし)の長薙刀(ながなぎなた)は誰(た)が長押の長薙刀ぞ。向こうの胡麻(ごま)がらは荏(え)のごまがらか真(ま)ごまがらか、あれこそほんの真胡麻殻(まごまがら)。がらぴいがらぴい風車(かざぐるま)。おきゃがれこぼし、おきゃがれ小法師(こぼうし)、ゆんべもこぼして又こぼした。たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりからちりからつったっぽ。たっぽたっぽ一丁だこ、落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬ物は、五徳・鉄灸(ごとく・てっきゅう)金熊童子(かなぐまどうじ)に、石熊・石持ち・虎熊・虎きす。中にも東寺(とうじ)の羅生門には、茨木童子(いばらぎどうじ)がうで栗五合(ぐりごんごう)、つかんでお蒸(む)しゃる、彼(か)の頼光(らいこう)の膝元去らず。

 鮒(ふな)・金柑(きんかん)・椎茸(しいたけ)・さだめて後段(ごだん)な、そば切り、そうめん、うどんか愚鈍(ぐどん)な、小新発知(こしんぼち)。小棚(こだな)の 小下(こした)の小桶(こおけ)にこ味噌が、こ有るぞ、小杓子(こしゃくし)こ持ってこ掬(すく)ってこ寄こせ、おっと合点(がってん)だ、心得(こごえ)たんぼの川崎・神奈川・程が谷・戸塚は走って行けば灸(やいと)を摺(す)りむく三里ばかりか、藤沢、平塚、大磯がしや、小磯の宿を七つ起きして早天早々(そうてんそうそう)相州小田原とうちん香。隠れござらぬ貴賎群衆(きせん ぐんじゅ)の花のお江戸の花ういろう、あれあの花を見てお心を御和らぎや(おやわらぎや)という、産子(うぶこ)、這(は)う子に至るまで、此の外郎(ういろう)の御評判、御存知ないとは申されまいまいつぶり、角(つの)出せ棒出せ、ぼうぼうまゆに、臼(うす)・杵(きね)・すりばち・ばちばちぐわらぐわらぐわらと羽目を弛(はず)して今日(こんにち)お出(いで)の何茂様(いずれもさま)に、上げねばならぬ、売らねばならぬと、息勢(いきせい)引っぱり 東方(とうほう)世界の薬の元締め、薬師如来(やくしにょらい)も照覧(しょうらん)あれと ホホ敬ってういろうはいらっしゃりませぬか。


ウィキペディアより
by momotaro-sakura | 2013-02-21 10:01 | ぶらり東京散歩(近郊)