ATOS

e0009760_1672729.jpg



東京圏輸送管理システム(とうきょうけんゆそうかんりシステム、通称ATOS(アトス):Autonomous decentralized Transport Operation control System)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)が首都圏各線に導入している列車運行に関する情報の管理及び機器の制御を行うコンピュータシステムである。自律分散型列車運行管理システムとも呼ばれる。

列車の運行管理や旅客案内を総合的に管理する列車運行管理システム (PTC) の一種であり、現在日本国内で運用されているものの中で最も規模が大きい。

日立製作所との共同開発により1996年に中央本線の東京駅 - 甲府駅間に初めて導入され、2012年現在、首都圏の17線区に導入済みである



(2013.3.2現在更新完了駅)
大船・洋光台・根岸・石川町・関内・横浜・鶴見・川崎・蒲田・品川・神田・秋葉原・御­徒町・上野・鶯谷・上中里・赤羽・西川口・川口・蕨・南浦和・さいたま新都心・大宮
by momotaro-sakura | 2013-03-04 16:07