家族葬について(ご葬儀プラン - メモワール)


家族葬|ご葬儀プラン - メモワール


http://www.sogi-memo.net/plan/family/


家族葬について


葬儀社によって提供される、葬儀の手法の一つ。 密葬や火葬式と並び、近年の葬儀方法の代表格である。
この葬儀では、故人と家族を、ごく少数の会葬者によってつなぐことができる。
一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため、この家族葬という名前がつけられた。

新しい葬儀の形として、家族葬を選択する方が増えています。
家族葬の厳密な定義は特にありませんが、家族や親族、親しい友人の範囲だけの葬儀ということになります。
規模だけを見れば密葬とだいたい同じですが、「密葬」とは呼ばずに暖かい響きのする「家族葬」と呼ぶようになったようです。
そもそも、密葬は本葬と対で使われることから、本葬のない密葬を家族葬と言うようになったとも言われています。

家族葬が選ばれる理由(前期高齢者・後期高齢者になってる人は考えていたほうが良い)

家族葬が選ばれる理由として 
•参列者への気遣いや、対応に追われることなく葬儀を行いたい。
 •故人が高齢のため、知人友人が少ない。
 •葬儀予算をあまりかけたくない
 故人の遺言(希望)で、こじんまりと行いたい。

という要望から家族葬を選択する方が増えています。


家族葬のメリット
•少人数のお葬式になるため、お料理や返礼品などのおもてなし費用が軽減できます。

•予め明確な予算を出しやすいので、追加料金が発生しにくい。
 •大きな斎場を利用しないので経済的です。
 •家族や親族、親しい友人のみの葬儀の為、参列者への対応に神経を使う必要がないので、故人と最後の時をゆっくり過ごす事ができる。

一般的な葬儀だと、葬儀の準備や参列者への対応で、故人とのお別れの時間を作ることが難しくなってしまいます。
不慣れなことが多く、心身の負担も大きくなりがちです。
そこで、参列者を家族や親族、親しい友人に限ることで心身の負担を軽減し、時間に追われることなく故人とのお別れに、じっくりと向き合える家族葬が求められてきているのです。
また、小規模なために費用を一般的な葬儀の半分~3分の1に抑えることもできます。

家族葬のデメリット
•世間体や昔からの習慣を大事にする親族からの反対がでる可能性があります。
 •後日弔問客の応対が必要になることがあります。

親族の中には、昔からの習慣を大事にされる方もいらっしゃるでしょうから、
なぜ家族葬を行うのかということをきちんと説明し、理解を得ることが必要です。
また、葬儀後に故人の死を一般の方々に報告するので、家族葬で行うことが故人の遺志であっても、「なぜ知らせてくれなかった」と言われてしまう可能性もあります。
後日弔問客の対応が必要になるケースも想定できます。

by momotaro-sakura | 2013-04-08 10:05 | 小さな葬式