深川芭蕉庵

e0009760_835394.jpg

e0009760_835370.jpg

e0009760_835346.jpg


【奥の細道/序文】

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

(月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、
来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。)

舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、
日々旅にして旅を栖とす。

(船頭として船の上に生涯を浮かべ、
馬子として馬の轡(くつわ)を引いて老いを迎える者は、
毎日旅をして旅を住処(すみか)としているようなものである。)

古人も多く旅に死せるあり。

(古人の中には、旅の途中で命を無くした人が多くいる。 )

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、
漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、

( わたしもいくつになったころからか、
ちぎれ雲が風に身をまかせ漂っているのを見ると、
漂泊の思いを止めることができず、海ぎわの地をさすらい、)

去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、

(去年の秋は、隅田川のほとりのあばら屋に帰ってクモの古巣を払い、
しばらく落ち着いていたが、)

やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、

(しだいに年も暮れて、春になり、霞がかる空をながめながら、
ふと白河の関を越えてみようかなどと思うと、)

そゞろ神の物につきて心をくるはせ、
道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。

(さっそく「そぞろ神」がのりうつって心を乱し、
おまけに道祖神の手招きにあっては、
取るものも手につかない有様である。)

もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、
三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて、

(そうしたわけで、ももひきの破れをつくろい、笠の緒を付けかえ、
三里のつぼに灸をすえて旅支度をはじめると、
さっそくながら、松島の名月がまず気にかかって、)

住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、

(住まいの方は人に譲り、
旅立つまで杉風の別宅に移ることにして、その折に、)

『草の戸も住替る代ぞひなの家 』

(人の世の移ろいにならい、草葺きのこの家も、
新たな住人を迎えることになる。
これまで縁のないことではあったが、節句の頃には、
にぎやかに雛をかざる光景がこの家にも見られるのであろう。)

面八句を庵の柱に懸置。

(と発句を詠んで、面八句を庵の柱にかけておいた。)

ということです。

by momotaro-sakura | 2013-06-07 08:03 | ぶらり東京散歩(近郊)