日立製作所、ベトナムで鉄道建設へ

e0009760_5442570.jpg

都市鉄道建設受注(地下鉄)。三菱重工業、東芝等を押さえて競り勝った。
----------------------------------------------------------------
2013年6月11日

ベトナム ホーチミン都市鉄道1号線の設備一式を受注

株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン市都市鉄道建設事業(ベンタイン-スオイティエン間<1号線>)に向け設備一式の、総額約370億円となる受注契約を、ホーチミン市人民委員会鉄道局と締結しました。

ベトナムでは、経済発展に伴う道路交通量の急激な増大が深刻な問題となっており、公共交通による道路渋滞の解消や環境の保全が期待されています。このような背景から、ホーチミン市では複数路線の都市鉄道建設が計画されており、本事業はその計画の第1弾となります。

今回日立が受注した1号線は、2018年初めに開業を予定している新たな都市鉄道であり、ホーチミン市中心部から北部地方行きバスターミナルがある市北東部の玄関口を結ぶ総延長19.7キロ(高架区間および地下区間)の路線建設計画です。日立は、車両17編成 (51両)や信号システム、列車無線などの通信システム、受変電設備のほか、ホームドア、券売機・改札機、車庫設備を含む設備一式を納入する予定です。加えて、開業後の保守についても、5年間担当する別の契約を締結する予定です。

本事業は、ベトナムにおける初の本格的都市鉄道事業であり、本邦技術活用条件(STEP: Special Terms for Economic Partnership)付き円借款が国際協力機構(JICA)から供与されます。

日立は、現在ベトナムのホーチミン市やハノイ市で計画されているほかの多くの都市交通鉄道についても、積極的な受注活動を継続していきます。また、ベトナムを含む東南アジアを中心に都市鉄道用システムの受注拡大をめざし、鉄道事業のグローバル展開を加速していきます。

以上

---------------------------------------------------------------------------
[東京 11日 ロイター] - 日立製作所 は11日、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン市都市鉄道建設事業で車両など設備一式を総額約370億円で受注したと発表した。同社の鉄道事業としては昨年7月に発表した英国での高速鉄道プロジェクトに次ぐ大型の正式受注案件となる。
  日立が受注したのは、2018年初めに開業を予定している1号線(ベンタイン―スオイティエン間)で、同市中心部から北部地方行きバスターミナルがある市北東部の玄関口を結ぶ全長19.7キロメートルの路線建設計画。  日立は車両17編成(51両)や信号システム、列車無線などの通信システム、受変電設備のほか、ホームドアや券売機、改札機などを含む設備一式を納入する。開業後5年間の保守事業も請け負う予定で、今回とは別契約を結ぶため、受注総額はさらに増えることになる。

  ベトナムでは経済発展に伴う道路交通量の急増が深刻な問題となっており、公共交通による渋滞の解消や環境保全が期待されている。ホーチミン市では複数路線の都市鉄道建設が計画されており、本事業はその計画の第1弾。同事業はまた日本企業の技術活用などを条件とした本邦技術活用条件付き円借款が国際協力機構(JICA)から供与される。


ホーチミン市のほか、ハノイ市でも複数の都市交通が計画されており、日立は今後もベトナムを含む東南アジアを中心とした都市鉄道システムの受注拡大を目指す。



---------------------------------------------------------------------




日立製作所、ベトナム・ホーチミン地下鉄1号線の設備を受注…2018年開業予定


2013年6月11日(火) 21時00分


日立製作所は6月11日、ベトナム・ホーチミン市が計画している地下鉄1号線の建設事業について、車両など各種設備の受注契約を同市人民委員会鉄道局と締結したと発表した。受注総額は約370億円。

ベトナムでは経済発展による道路交通量の急激な増加で渋滞や環境の悪化が深刻化しており、ホーチミンでは渋滞の解消などを目的とした複数の都市鉄道路線が計画されている。このうち1号線はベトナム初の本格的な鉄道建設事業で、国際協力機構(JICA)が日本の技術の活用などを条件とした円借款を供与する。

発表によると、1号線はベンタイン~スオイティエン間の19.7km。市内中心部と北部地方行きバスターミナルがある市北東部を高架線と地下線で結ぶ。2018年初めの開業が予定されている。

日立が今回受注したのは、1号線の車両17編成51両と信号システム、通信システム、受変電設備などで、ホームドアや券売機、改札機、車庫設備も納入する。開業後5年間の保守を担当する契約も別途締結する予定。


--------------------------------------------------------------

<EMeye>ベトナムで3路線の都市鉄道建設計画進む、総事業費7700億円

2012/05/10 08:25

 ベトナムでは近年の経済成長に伴う交通量の増加で、首都ハノイやホーチミンで深刻な交通渋滞や排気ガスによる公害が社会問題化している。こうした問題解決のために、公共交通の発達が重要な課題となっており、都市鉄道はその重要な役割を担う。

 今回、円借款による都市鉄道整備計画について、STEP(本邦技術活用)案件であるホーチミン1号線とハノイの1、2号線の進ちょく状況をまとめた。

<初の地下鉄はホーチミン1号線か>

 国際協力機構(JICA)によれば、3路線の総事業費は7700億円、その内もっとも着工に近いのがホーチミン1号線で、開通すればベトナム初の地下鉄となる。同路線はホーチミン中心部にあるベンタインとそこから北東に位置するスオイティエン駅を結ぶ約20キロメートルの路線で、地下区間がベンタインからバーソン間で約2.6キロメートル、残りが高架区間(約17キロメートル)となる計画。総事業費は2400億円、円借款の対象は1970億円(約8割)。完成すれば、交通渋滞解消のみならず、既存のバスで1時間10分かかるところが29分に短縮される。
 事業は地下区間工事で2事業、高架部分で1事業、鉄道システムで1事業の計4事業で構成される。すでに地下区間部分のうちの1つの事業に鹿島建設 <1812> 、清水建設 <1803> 、前田建設工業 <1824> が応札。高架部分については住友商事 <8053> が契約を交渉中で、車両調達や鉄道システムは日立製作所 <6501> が今後契約交渉に入る運びだ。高架部分については今年6月にも着工が予定されている。 一方、ハノイの都市鉄道計画は全線高架の1号線、地下区間を含む2号線がSTEP案件で、両路線ともに年内にも建設部分の入札が開始される予定。1号線は南部のゴックホイからザーラム間(約25キロメートル)で総事業費が4050億円、地盤改良工事なども含めた5事業で構成される。2号線はナムタンロンからチャンフンダオを結ぶ約11.5キロメートル(そのうち地下区間は8.5キロメートル)で、総事業費は1300億円だ。ただ、ハノイの鉄道建設には住民移転の問題が障害となる可能性もある。特に1号線は旧市街を通り抜けるルートを通ることから、高架部分にかかる住民の大規模移転が必要とされる。今後事業が計画通りに進むかどうかは住民移転の問題の進展に懸かっているといってもよい。

<ベトナム鉄道事業に拡大余地>

 これらの鉄道建設計画以外にもベトナム政府・市が日本の円借款による建設を希望しているケースがあるようで、例えばホーチミン市を斜めに貫く3号線についてはホーチミン市が円借款による実施を要望しているようだ。また、ハノイでは4号線や5号線の建設計画もあることから(3号線はフランスなどが融資)、新幹線を含めベトナムでの日本企業が関わる鉄道整備事業はさらに膨らむことは十分ありうる。

用語解説「STEP」=途上国への技術移転を通じて日本の優れた技術やノウハウを活用するため、日本企業が契約主体となったり、日本の資源・機材を生かしたりするなどの条件を付すこと。

提供:モーニングスター社

.
-------------------------------------------------------------

日立製作所は11日、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン市都市鉄道建設事業(ベンタイン-スオイティエン間1号線)に向け、設備一式を総額370億円で受注したと発表した。同日、ホーチミン市人民委員会鉄道局と受注契約を締結した。

ベトナムでは、経済発展に伴う道路交通量の急激な増大が深刻な問題となっており、ホーチミン市では複数路線の都市鉄道建設を計画。今回の事業が計画の第1弾となる。

日立が受注した1号線は、2018年初めに開業する新たな都市鉄道で、ホーチミン市中心部から北部地方行きバスターミナルがある市北東部の玄関口を結ぶ総延長19.7キロ(高架区間、地下区間)の路線建設計画となっている。

日立は、車両17編成(51両)や信号システム、列車無線などの通信システム、受変電設備のほか、ホームドア、券売機・改札機、車庫設備を含む設備一式を納入するほか、開業後の保守についても、5年間担当する別の契約を締結する。

同事業は日本の技術活用条件(STEP)付き円借款が国際協力機構(JICA)から供与される。

by momotaro-sakura | 2013-06-12 05:44 | ブログ