スーパームーン

満月が通常よりも大きく、明るく見える「スーパームーン」と呼ばれる現象が23日夜、国内各地で観測された。

 スーパームーンは、楕円軌道を回る月が地球に近づいたために起きる現象で、ほぼ年に1回観測される。23日午後8時すぎに月と地球の距離が約35万7千キロと今年最も近づき、満月のタイミングとも重なったため、スーパームーンとなった。

 米航空宇宙局(NASA)によると、通常の満月に比べて大きさが14%、明るさが30%増すという。
e0009760_811551.jpg


http://sankei.jp.msn.com/science/news/130623/scn13062321310003-n1.htm
by momotaro-sakura | 2013-06-24 08:01 | ブログ