自民65、公明11、民主17 参院選全当選者が確定

自民65、公明11、民主17 参院選全当選者が確定

共同通信2013年7月22日 09時20分
(2013年7月22日 09時22分 更新)

 参院選は22日、改選121議席全ての当選者が確定した。自民党は改選34議席から、現行制度で過去最多の65議席へ伸ばし、参院第1党に復帰。非改選50議席を合わせて計115議席となり、単独過半数まで議席に迫った。連立与党の公明党は11議席を確保した。改選44議席の民主党は結党以来、最低の17議席に激減。非改選を含め計59議席に後退した。維新、みんな、共産は各議席。社民は議席。生活、みどりは議席を取れず。


◎▽自民党が65議席、▽民主党が17議席、▽日本維新の会が8議席、▽公明党が11議席、▽みんなの党が8議席、▽生活の党が0議席、▽共産党が8議席、▽社民党が1議席、▽みどりの風が0議席、▽新党大地が0議席、▽沖縄社会大衆党が1議席、▽幸福実現党が0議席、▽緑の党グリーンズジャパンが0議席、▽無所属が2議席
※総務省によると、投票率は選挙区と比例代表のいずれも52・61%で、過去3番目の低さだった。
by momotaro-sakura | 2013-07-22 10:32 | ブログ