2020年開催の夏期オリンピック開催都市が東京に決定

2013年9月7日、2020年開催の夏期オリンピック開催都市が東京に決定した。大会運営能力の高さや財政力、治安の良さなどが評価された



2020年夏期オリンピックの東京開催に伴う経済波及効果は全国総額2兆9600億円と試算されている。施設整備など需要増加額は1兆2200億円で東京都だけでも9600億円。内訳は施設整備費3669億円、大会運営費2951億円、大会関係者の支出消費などが3161億円となっている。経済波及効果の算出は、2013年から大会を開催する2020年までの8年間が対象。競技会場の整備や交通インフラなどへの投資が増える見通し



2020年の東京五輪の開催日程は7月24日から8月9日で計28競技が行われる。東日本大震災からの復興を後押しするため、聖火リレーは東北の被災地を縦断する計画。

by momotaro-sakura | 2013-09-09 10:59 | 東京オリンピック