副都心線渋谷駅のパブリックアート①

アートな地下鉄、東京メトロ副都心線
2008年に開業したこのラインには、新設の渋谷~池袋の8駅にパブリックアートが合計14箇所設置されています。

写真は渋谷駅のB3F 池袋方改札外通路にある陶板レリーフ
題は「きらきら渋谷」。原画は洋画家・絹谷幸二氏(東京藝術大学名誉教授)によるものです。開業の2008年6月に完成しました。
e0009760_2233156.jpg

画をよく見ると忠犬ハチ公がいますよ。さて見つけられるかな?
e0009760_21123354.jpg


=====
きらきら渋谷
絹谷幸二

文部省唱歌「春の小川」は
その昔、里山で生まれたが
現代の「春の小川」は渋谷の街だ。
新しいエネルギーと文化の香りがいつも漂って
この楽園に人々は集まり
より美しく、より楽しく、時を謳歌する。
街全体が咲けよ、咲けよと
遊べ、遊べと、歌え、歌えよと招いているようだ。



池袋
雑司ヶ谷
西早稲田
東新宿
新宿三丁目
北参道
明治神宮前
渋谷
=====



e0009760_2154257.jpg

ところで、ハチ公を探し出せたでしょうか? 

答えは、、、

右端にいました! 「わん」と吠えていますね。

#製作過程が見れるメイキングビデオはこちらから見れます。
youtube 陶板レリーフ「きらきら渋谷」(原画:絹谷幸二)

by momotaro-sakura | 2013-10-13 11:01 | ぶらり東京散歩(近郊)