2006年 09月 07日の穏やかな桜川市議会議員選挙戦 

2006年 09月 07日

穏やかな桜川市議会議員選挙戦 





◎穏やかな桜川市議会議員選挙戦
昨日岩瀬地区を廻ってきたが
穏やかな選挙ムードである。

殆ど当選可能な候補が多いためか
楽勝ムードが高いようである。

大和地区と全く違う選挙ムードを
醸し出されている。

真壁地区も新人以外は
のんびりとした戦いぶりである。

今までの大和地区の選挙を見てきたので
その戦いぶりの呑気さには驚き呆れるだけだ。

やはり日頃から選挙民に顔を出していれば
選挙まじかになって騒がないでも
いいのではないかと思う。

そしてその地区の為に貢献してあげていれば
お金がかかる選挙戦とはならぬのである。

市議会議員は市民の代表なのだから
けして慢らず真摯に市政に取り組んで
もらわないといけないのである。

桜川市の発展並びに大和地区の発展をも
考えられる強力な議員を私は探している。

大和地区は有権者からみての当選者は
3ー4人なのに倍以上の8人も出馬したので
あまりにも異常な選挙戦となってしまった。

当選するには1000票は必要とするのに
今まで三分の一以下しか
とっていない議員が挑戦するのは
あまりにも無鉄砲すぎるのである。

結局その裏の戦いは金となってしまうのです。

何時の世でもお金がないと戦いにはならぬが
それを過信して議員になると市民不在の
高慢チキな議員となってしまうのである。

そのような議員はもってのほかである。
あくまでも市民の代表なのだから
公僕となって市政に携わってもらいたい。

◎八年前のブログから。
by momotaro-sakura | 2014-09-08 04:03 | ブログ