カテゴリ:亡き兄の足跡( 13 )

by momotaro-sakura | 2014-06-04 11:42 | 亡き兄の足跡
http://www.eec.miyakyo-u.ac.jp/meme/test/kiyou.unix

Henry_FieldingのTom_Jones フィ-ルデングのエピック論-『ジョウゼフ・アンドルーズ』の序文 『トム・ジョウンズ』の「筋」のエピック構造 結語-「時代精神」を中心に- 0 0 0 20 1 1985


マスブチマサフミ 0 0 増渕正史 0 0 Henry_FieldingのTom_Jones フィ-ルデングのエピック論-『ジョウゼフ・アンドルーズ』の序文 『トム・ジョウンズ』の「筋」のエピック構造 結語-「時代精神」を中心に- 0 0 0 20 1 1985
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:49 | 亡き兄の足跡
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/catalogue/artist/arayashiki.htm

クレーは「自然から疎外された社会の苦悩を表現するために(自然は)変容されねばならない」と考えたとするリード(ハーバート・リード「様式と表現」増渕正史訳『芸術と疎外』法政大学出版局 1992年)は、クレー論できわめて近い立脚点に立っているのではないだろうか。
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:42 | 亡き兄の足跡

外国文学

http://www5.ocn.ne.jp/~tentoufu/gaikoku/gaikoku2.html

フォースターの小説研究―『緑の谺』―   増渕正史 八潮出版社 昭 61
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:40 | 亡き兄の足跡
http://johnson.main.jp/johnson.nenpou.htm

Martin C. Battestin, with Ruthe R. Battestin, Henry Fielding:A Life
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・増渕  正史・・・28
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:31 | 亡き兄の足跡
http://www.dickens.jp/bulletin/bulletin-11.html



日本におけるディケンズ関係ならびにフェロウシップ会員の著訳書等

増渕正史著 『フォースターの小説研究-「緑の谺」』 1986年 八潮出
版社
那須正彦著 『現代日本の金融構造』 1987年 東洋経済新報社
荻野日昌利著 『暗黒への旅立ち-西洋近代自我とその図像1750ー192
0』 19 87年 名古屋大学出版会
太田良子 「ガヴァネスのいる家-ヘンリー・ジェイムズの『家族』」(江口
裕子先生退 任記念論文集『アメリカ文学における家族』) 1987年 山
口書店
栂正行他著・栂正行解説 『進化思想とトポグラフィー』 1987年 平凡

臼田昭訳 『サミュエル・ピープスの日記』(第1巻1660年) 1987
年 国文社臼田昭訳 『サミュエル・ピープスの日記』(第2巻1661年) 1
988年 国文社臼田昭著 『ロンドン塔の宝さがし』 1988年 しんし
ん堂
ヴァージニア・ウルフ作川本静子訳 『自分だけの部屋』 1988年 みす
ず書房
松村昌家編 『ヴィクトリア朝小説のヒロインたち-愛と自我』(松村昌家「ヴ
ィクトリ ア朝の女性像-絵画における表現と関連して」、西條隆雄「愛とつ
まずき-ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』」ほか) 1988年
創元社
村石利夫著 『漠字に必ず強くなる本』 1988年 三笠書房
村石利夫著 『人は勝つために何をすべきか』 1988年 三笠書房
村石利夫著 『難読難解日本語実用辞典』 1988年 第一法規出版
クランメル房子 「『序曲』の社会的背景ーとくに、'Vaudrdcour and Julia'の物
語を中心に」(岡三郎編『ワーズワス『序曲』論集』) 1988年 国文社
小池滋責任編集 「ギッシング選集」
 太田良子訳 『余計者の女たち』
 小池滋訳 『埋火・イオニア海のほとり』
 小池滋・金山亮大訳 『ディケンズ論』
 他に『三文文士』『流諦の地に生まょれて』 1988年 秀文インターナ
ショナル
川本静子・北條文緒編 「ヒロインの時代」
 ジョン・ゴールズワージー作臼田昭訳 『財産家-フォーサイト家の物語』 
1988
 年 国書刊行会
ジョナサン・レイバン著青木健・斉藤九一訳 『現代小説の方法ー実践的批評
論』 19 88年 彩流社
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:21 | 亡き兄の足跡
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/9616/EMF.html

『E. M. フォースター』 Rex Warner 著 多田幸蔵訳 研究社出版 1956 (英文学ハンドブックー「作家と作品」; No.5)
『フォースター』 近藤いね子編 研究社出版 1967 (20世紀英米文学案内 20)

『フォースターの小説 :「無」と「無限」の二重性』 岡村直美著 八潮出版社 1981

『E.M.フォースター研究 : 平衡感覚の文学』 阿部義雄著 成美堂 1983

『E.M.フォースターと「土地の霊」』 筒井均著 英宝社 1983

『フォースターの小説研究 : 緑の谺』 増淵正史編著 八潮出版社 1986

『伝統と実験 : フォースターとウルフの世界』 横山幸三著 成美堂 1988

『E.M.フォースター研究』 阿部幸子著 ニューカレントインターナショナル 1989

『E・M・フォースター試論』 山村元彦著 あぽろん社 1992 (白羊宮叢書;8)

『E・M・フォースターその他』 松村達雄著 研究社出版 1992

『E. M. フォースターの小説』 川口能久著 英宝社 1993

『E.M.フォースターにおけるファンタジーの方法』 小比賀香苗 著 溪水社 1994
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:07 | 亡き兄の足跡

エドワード・サリード

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%89

Nationalism, Colonialism, and Literature, with Terry Eagleton and Fredric Jameson, (University of Minnesota Press, 1990).
『民族主義・植民地主義と文学』 増渕正史・安藤勝夫・大友義勝訳、法政大学出版局、1996年。 - テリー・イーグルトン、フレドリック・ジェイムソンとの共著
by momotaro-sakura | 2014-06-04 09:03 | 亡き兄の足跡

芸術と疎外

http://www.h-up.com/category/books/4100/4141


叢書・ウニベルシタス 360 芸術と疎外 社会における芸術家の役割
H.リード:著, 増渕 正史:訳

四六判 / 262ページ / 上製
ISBN978-4-588-00360-8(4-588-00360-7) C1370 定価:3,000円 + 税
発行年月1992年02月
叢書・ウニベルシタス 美学・芸術理論 
by momotaro-sakura | 2014-06-04 08:58 | 亡き兄の足跡



ギリシア・ローマ神話と言葉/Words from the Myths

Isaac Asimov 著/小幡 武、増渕正史 編注


ギリシア・ローマの神々は、現在もなお我々の身辺で生き続けている。アメリカで多彩な文筆活動を続けているアシモフは、この事実を実に興味深く語ってくれて、十分に知的な満足を与えてくれる。読者はギリシアの神々の人間的な姿に共感を覚えるにちがいない。英語は平明で歯切れがよい。
by momotaro-sakura | 2014-06-04 08:55 | 亡き兄の足跡